新着Pick
1901Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コトラーさん!2014年から、毎年のようにワールドマーケティングサミットジャパンにも来られていますが、年齢を感じさせないお元気さですね!毎年新しい概念を創造される市場観察力、コンセプト創造力は尊敬します。

マーケケティング1.0:製品中心 
商品サービスの優位性が重要。
商品サービスで自社が優れていると思ったものを顧客に売り込むマーケティング。
「当社の商品は他社に比べて性能がとても優れていると理解してもらう」

マーケティング2.0:消費者志向
商品サービスの差別化が重要。
多くの競合企業が似たような製品を生産するようになり、ただ単に製品を売り込むだけでは、消費者は自分たちの商品に魅力を感じてくれなくなってきた。
「お客さまに当社や商品サービスがニーズにあっていることを理解してもらう(そのために、差別化できるポジショニングや顧客ニーズの把握)」

マーケティング3.0:価値主導
その会社が存在する意義や企業価値などに焦点を置いたマーケティングが重要。
消費者は、その会社が掲げるミッションやビジョン、会社そのものの価値にも目を向けるようになってきた。
「当社の考え方に賛同してもらう。お客さまの目指す方向、スタイルにぴったりだと価値交換を通じて理解してもらう」

マーケティング4.0:自己実現
先進国の消費者は、マズローの欲求5段階説でいう、「生理的欲求」「安全的欲求」「社会的欲求」「尊厳要求」はすでに満たされてきている。今の消費者が欲しているのは「自己実現欲求」。
「当社の商品サービスを利用することで、お客さまの目指す自己実現の欲求を満たすことができる。」

マーケティング5.0は何でしょうか?自分なりに考えてみたいと思います。「交換価値の見える化」と、「新たな価値を生み出す創造力を発揮する場づくり」が、鍵だと思っていますが!
マーケティングは「Market」+「ing」ということで、原義的には市場に向き合う活動すべてを包含する概念ですが、あまり学問的に体系化されていなかったものを、一つの学問領域として確立したのがコトラーと言われ、今でも新人コンサルタントの課題図書には必ず入っています。一方であまりに分厚すぎること、概念中心で普通に読むと退屈だし大変なので、実例にあわせた解釈が必要だし、何かあった時に辞書的に参照するような使われ方が多いような気がします。そんなコトラー氏も86歳なんですね。お元気なうちにまとまってお話しを聞く機会ができ、感謝です
ドラッカーは『非営利組織のマネジメント』を1990年に書き、「リサーチの重要性」「成果の定義と評価」「ミッションと目標」「NPOのリーダーシップ」といった概念を伝えてくれたことで、日本のNPOの経営レベルも格段に上がりました。
コトラーは一方で『非営利組織のマーケティング』を書いていて、NPOにおける顧客や提供価値の定義を行い、企業による社会的なキャンペーン(ソーシャルマーケティング)を80年代に提唱しています。
私自身、ドラッカーやコトラーに大学時代に影響を受け、「社会貢献を経営的に捉えられないか?」と考え、社会起業家の国内での普及に関わったり、マッキンゼーでNPO分科会を立ち上げたりし、現在も国内NPOの経営強化をサポートし続けています。また、東日本大震災における企業によるソーシャルマーケテイングにも関わりました。
コトラーは昨年は広島に立ち寄り、「平和とマーケティング」についてのシンポジウムを広島県と開催していました。NPO関係者として私も参加しましたが、コトラーは一日中セッションに参加して積極的に発言。全く年齢を感じさせず、今でも進化されている様子に強く感銘を受けました。
こうした"巨人"がいかなる半生を歩まれていたのか、興味深い連載です。
取材現場を離れて3年間、経営企画を担当したことがあります。コトラーを斜め読みして「顧客創造」とか「セグメント」を口にし、ポーターを聞きかじって「バリューチェーン」とかを繰り返していました。理解もせずお恥かしい限りですが、それから10年、改めて勉強させてください。
登場人物がオールスター。今の日本にもっとも必要で、もっとも欠けているのが「マーケティング」。その真髄を学べる連載です。
来た!コトラー大先生。
日本とアメリカには、マーケティングがあるか、ないか、の違いが最も大きいと思っています。マーケティングをうまく日本語で表現する単語はありません。
それを象徴するケースでコカコーラなどはよく取り上げられますけど、さらに違うのはNPOではないかと思っています。
"彼らが私に助言を求めながらも、一方でビジネス的思考に拒否感を抱いているのです。"
そんなNPOもやはり昔は違ったんですね。
コトラーのイノベーターズ・ライフとは・・Newspicksすごい!
連載楽しみです!
去年のワールドマーケティングサミットでも拝見しましたが、とても元気なのに驚きました。この連載楽しみですね。企業の中においても、マーケティングの概念が定着していなく、予算を確保するのもままならない企業が多いと感じます。重鎮の金言は貴重です。
ケロッグ・スクールの恩師。昨年来日された時に再開しましたが、本当にお元気で、嬉しかった。マーケティングの集大成として、現在は、平和のマーケティングを提言されている。今もなおら最も刺激的なリーダーです。
→私はいそいそと彼女のそばに近寄って、「あなたを見ると、クレオパトラを思い出すようだ」と言いました。

流石のマーケティングの権威の方ですね。
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。