新着Pick
172Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
20年くらい前に僕の父が個人で大田区内で社会福祉法人を立ち上げて、当時まだ数が少なかった特別養護老人ホームを作ったとき、父がとある配食会社の提案を受けた。正直、それほど優れた提案ではなかったらしいが、その時に営業に来た責任者がとても良い意味でギラギラしていて魅力がある男だと思ったらしい。
「今日、おもしろい人にあったよ」その日の食卓で父は私たちにそう話した。

後日、その男性が突然私たちの自宅を訪れてきた。その会社の介護食と一升瓶をぶら下げて。2,3時間ほど我が家のリビングで父とその男性は時折快活に大きく笑いながら、何かを話していたようだ。私はまだ中学生だったので、その男性に簡単に挨拶をして自分の部屋に下がってしまったから、何を話していたのかわからない。

それからしばらくして、新浪さんのローソン社長就任がニュースになった映像を見たとき、父と私は思わず声を上げた。「あっ、あの人だ!」
顔のほりが深く、何よりも相変わらずぎらついていたので、間違いようがなかった。

その後、結局、父の社会福祉法人はLEOCではない他社に発注しているので、結局仕事にはつながらなかったが、印象に残る出会いであった。
会社の決裁を待たず破天荒過ぎます。
"「日本でジョイントベンチャーをやりませんか?」と口説いた。"
まず普通は順番が違いますよね。会社を説得してからパートナーに話を持って行くのが通常ルート。でも意外にこの方式はうまくいきます。会社を説得するときに「このやり方でいきましょう。相手も乗ってきます」という持っていき方をしないと、決裁する幹部も真剣みを感じません。商社の幹部の度量を感じます。
昔、ある得意先の方が、「上司にアクセルを踏ませるのではなく、ブレーキを踏まれるようになれ」と教えてくれて、今でもよく覚えています。基本的には上司というのは、ある程度部下が突っ走ったり、無茶なことをするのはウェルカムだと思います。消極的になって動かなくてお尻を叩かなければ行けないよりもずっとマシです。

新浪さんも、勝手に海外でパートナーを捕まえてきて、会社を説得し、新事業立ち上げ。こういう破天荒さを許容するのも商社という会社の強みでしょうか。それにしても、当時は商社がMBAホルダーを持て余す、ということが良くあったと思います。普通は玉塚さんのように外に出たケースが多いのではと思いますが、新浪さんのように中に残って経営者まで行ったというケースはなかなか珍しいのではないでしょうか。

*****
提案しても、1年目は却下されました。それでもメゲずに、友人を介してフランスで同様のサービスをしている会社のトップに会いに行き、「日本でジョイントベンチャーをやりませんか?」と口説いた。
ううむ。この連載。回を追うごとにピック数がどんどん減ってますね。わたしもすみません。もうお腹いっぱいです。毎日バターたっぷりのフレンチのコースは食べられません。
【第7話】ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得した新浪剛史さんは、三菱商事に戻って社員食堂で白い制服を着て皿洗いをします。「先輩や同期、後輩も食べに来ますから、もちろん、恥ずかしかったですよ」。いったいなぜ?
商社の上役の方々も「新浪が言うのであればやらせてみよう」という雰囲気だったのかもしれないですね。
そのためにはキャラ作りも大事ですが、細かい信用の積み重ねをコツコツとし、ギブを繰り返した上で、自らが本当にやりたいことができたときにテイクしてもらえる環境を努力の上で創り出すことが重要ですね。
意外に思う人も多いでしょうが、大企業にいて、中堅になってくると、社外とのJVや新規事業の提案を受けることも多いし、自分がやりたいことを提案する機会もある。僕も幾つかのJVや買収による新規事業の経験をし、実際にその営業現場に立ったこともあります。僕が大企業に残ることを100%否定しないのは、やる気さえあればそういうチャンスもあるからです。それにしても社員食堂で皿洗いというのはさすがに僕にはできませんけれど。
新浪さんの現場を引っ張るリーダーシップにはアッパレです。誤解されがちですが、MBAでは「皿洗いはしない」ということではなく、「現場で皿洗いを率先して人々を動かし、会社を動かす」ということも、学びのケースとして数多くでてくるエピソードです。
私は「カッコ悪いのがいちばんカッコいい」と思います。
新浪さん、心の底からカッコいいです♪
現場の方と話すすべをご存じなかったとは、ある意味、頭でっかちでおられたんだなーって、親近感を感じました。(失礼!)

なんだか、かわいらしい。笑
この連載について
各界にパラダイムシフトを起こしてきたイノベーターたちは、どのような生い立ち、人生を送ってきたのか? その深部に迫ることで、イノベーションを起こす源泉をたどる。
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
4.51 兆円

業績

業績