新着Pick
115Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
セキュリティと一括りで語れることが多いですがある程度分類しての記事になってるのがよいですね。今後どの領域にセキュリティと言う名の保険をかけるかに焦点が移り、投資バランスの比重の取り方が重要になるでしょう。そのバランスが流行とともに変化するでしょうからますます混迷を極めるでしょうね。考えなければ。
メモ
セキュリティぜい弱性チェックサービス、監視サービスは今後も流行ると思う。
どこまでセキュリティに費用を費やすか。民間企業の経営者であれば、この点について一度は考えそうな気がします。少し視点を変えてみると、どこまで品質管理に費用を費やすか、と近いと思います。勿論、セキュリティには多額を費やし万全としたいところですが、それでは利潤が減少してしまいます。この場合、管理コストと発生コストを分析し、一度は自社に適切だと思われる管理コストを考える機会が重要だと思います。当り前なのですがありがちなのは、成り行きで管理コストが決定されていることです。おそらく、これは情報セキュリティも品質も、同じようなことが起きていると思います。支出が多くても少なくてもよくなく、自社にとって適切だと判断した費用であること。
セキュリティ関連ハードウェア、ソフトウェア、サービスに関する市場調査。
2017年は、前年比8.2%増の817億ドルで、2020年までは年平均成長率が同程度で推移するとみられるそう。

正直、セキュリティが、こんなに多岐にわたる分野にあることを初めて知ってびっくりしました。
株式会社大塚家具(おおつかかぐ、Otsuka Kagu, Ltd.)は、東京都に本社をおく家具販売会社である。対外的なコーポーレートブランドネーム(商標)としては「IDC大塚家具」(アイディーシーおおつかかぐ)の名称を用いている。 ウィキペディア
時価総額
102 億円

業績