「ネットビジネス」の終わりの始まり

2017/4/6
AIの進化と「S(シリアス)の世界」
大きなイノベーションが起きる時期には、いくつかの技術的なブレイクスルーとそれを「稼ぐ力」のある産業へと結びつける大きな社会的なニーズが存在する。
「産業革命」という名前のつく時代には、必ず技術的なシーズサイド、供給サイドの大きな進化と、社会の側のニーズサイド、需要サイドの増大とが、ダイナミックに相互作用して、新たな産業や社会システムが生まれるイノベーションが起きている。
しかるに第四次産業革命期と言われる今、シーズサイドでは、ここまで述べてきたようにAI、IoT、ビッグデータに関連する領域で、数々の量的、質的ブレイクスルーが多重的、複合的に起きており、その威力は、従来のスコープをはるかに超えて、幅広い産業分野に及ぼうとしている。
行く先の産業分野には、日本国内で言えば、少子高齢化問題、労働力不足問題、エネルギー問題、世界に枠を広げれば、環境、貧困、格差、食料など様々な問題がより深刻度を増している。アジア諸国は、日本が今抱えている問題にも、早晩直面することは確実だ。