新着Pick
417Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
国分寺にある中央研究所で森川記者のインタビューを受けました。
丁度、日立の研究開発ページに映像入りで、関連するインタビューが出ました。よろしければこちらもご笑覧ください。
「人工知能は多様性を生み出すメカニズムである」
http://www.hitachi.co.jp/rd/special/ai/001.html
「日立グループは、人工知能およびデータについてもしっかりしたバックグラウンドを持ち、かつITの事業も約2兆円くらいの大きなビジネスを行っています。そのまわりにトータルで10兆円にのぼる、エネルギー、ヘルスケア、鉄道、エレベーター、産業分野、製造業といった、まさに社会の至るところのビジネスや社会活動に関わる、さまざまなお客さまやパートナーと連携してビジネスを日々やっています。このような会社は、世界中におそらく日立しかありません。
 これらなしに、コンピュータの中だけで一生懸命プログラムをつくっても、実社会からのデータが入ってこないので、活動範囲がすごく狭まります。社会全体をフィールドにしてAIで活躍するには、日立ほどいい会社はないと私は確信しています。
 いろいろな会社のAIの紹介を見てもらえば、日立が群を抜いてリアルなユースケースを数多く出していることにすぐに気づくでしょう。これこそがまさに日立の構造です。さまざまなお客さま、さまざまなデータに日々アクセスし、一緒に仕事をする機会に恵まれているという状況が、我々が先行する下地になっています。」
IoTでいうと、ソフトウェアへの圧倒的な投資をつぎ込むGE、シーメンスが思い浮かびますし、AIでいうと、グーグル、フェイスブック、IBMの独壇場のイメージが強いです。

そんな中で、ITとモノ(+制御)を持つ、日立が、独自のアプローチで、このIoT時代に賭けていることには、新たに知ることがたくさんありました。

欧米の存在感が目立つ一方で、まだ世界でも、確固たるビジネスモデルが見えないIoTで、日立が何かブレイクスルーを見せるのか。世界のスピード感を見ていると、この1、2年が本当にキーになりそうです。
日立は、以前やっていたPLC、ネットワークでの存在感が薄い。

また、ITにおいてもプラットホームと呼べる
汎用ソフトウェアを持たない。

これはIoTの世界では、足回り抜きの車
もしくは、IO,バイオスドライバーが無い
CPUだけのパソコンを作る様なものである。

一方IoT の世界の基本は、オープンに繋ぐ事
我々は誰とでも繋ぐ。
だから日立vsシーメンス、日本対欧米
といった構図は昔話である。
日立のAI関連事業の強みはやはりインフラ系の様々なプロダクト、サービスを提供しているところ。そこから幾らでもビッグデータが集まってくる。
本文中の「やはり、製造業やインフラなどの領域は、マシンの仕組みが分かっていないと、モデルが作れないんです。これまでサイバーな世界で完結するモデルを作ってきたピュアIT企業が、制約の多い物理的な世界にやってくるのは、まだハードルが高いはずです」は重い.

最近,DARPA(米国防高等研究計画局)でAI研究者の第一人者だったギル・プラットが,トヨタの人工知能研究所(TRI)へ移籍するというニュースもあった.彼は「ハードで成功したトヨタが,ソフト技術と融合した新たな企業に生まれ変わる」と語っている.そのニュースでコメントをしたが,日本の強みは,ユーザー目線で,洗練され,実用的で,ロバスト(頑強)なハードウェアを生み出すモノづくりにあった.米国のソフトウェア偏重のIT企業が欠いているのはこの点である.つまり,AIソフトウェアで彼らは優位に立っているように見えるが,製品にする段階で,ハードウェアと結び付ける時,日立のような日本企業の強みが発揮されるのではないか.
こういう記事ほど専門家の客観的なコメントが欲しいところ。日立さんの技術がどの程度の強みがあり、世界で戦いうるものなのか。
日本は全部ダメだ、と悲観する必要はないですが、一般的には弱みと認識されているこの分野で、記事にある通り、実は競争力があるものを培ってきたのか、はたまたリストラで全社業績が良くなったので何でもかんでも褒める、みたいになってないか。どうしても後者の匂いがしてしまうので。きっと研究所レベルでは東芝さんも色々やってきてると思いますしね
この記事のビデオは必見です。ICT化とIoT化が混同されて議論されることが多い中、IoT化が進化しはじめたと理解すればいいでしょう。

簡単に説明すると、
ICT化は、決まったエリアや領域内での効率化という面があり、IoT化は、今まで一緒議論されていなかったデータを結び付けて、付加価値をつくるものと、考えるとまずは理解しやすいでしょう。
以前、機械学習の先生と話したときに、同じことを言っていました。ソフトウェアだけで完結する部分は、計算機やデータの物量的にGoogleに勝てない。今日本がこの分野に入っていくなら、ハードが絡んでデータの蓄積が難しいところではないかと。
日立は広い分野の技術と、早い段階でのAIへの投資が上手く結実している感じなんでしょうね。
優秀な人工知能を持ってるベンチャーでも、人工知能に読ませるデータがなければ宝の持ち腐れ。人工知能で勝つには、どのデータを持っているかがかなり重要ですが、やはりど真ん中の都市や交通のデータを実際の現場で使えるのは、日立のような企業の圧倒的な強みでしょう。

記事中にシミュレーションツールの動画がありますが、これを見て日立を見る目が一気に変わりました。
ハノイの交通量のシミュレーションはあれだけ実用化されていることがすごいし、動画で見れると非常に面白いですね。
Googleからもスターエンジニアが日立へ転職してきてくれているとありましたが、ああいったシミュレーションができるだけのデータを日立が蓄えられているなら、エンジニアにとってはおもちゃ箱のようだと思います。GoogleやAmazonになくて、明確に日立やトヨタにあるものとしては、これまで蓄積された膨大なデータ量であり、AI・機械学習エンジニアにとって製品開発においても今後のキャリアにおいても最重要なポイントなので、今後もエンジニアが目を輝かせて転職してくることは増えるのではないでしょうか。
これまで日立を支えてくれていた人たちの過去の遺産が差別化となって、活きる時代になってきていますね。
この連載について
売上高10兆円、従業員数30万人、日本が誇る巨大重電企業の日立製作所。リーマンショック直後に、史上最大の7800億円の巨額赤字を計上しながら、豪腕リーダーらの改革で蘇り、今やグローバルIoT企業との勝負に挑んでいる。ライバルだった東芝など、電機業界がこの10年で総崩れする中、日立はいかにして勝ち残るのか。その戦略と課題を追う。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア