新着Pick
152Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
率直にいうと、世界一を目指すために全ての環境を整備していくのは無理です。

野球には全てを統一した協会がないから。
そして「世界でトップクラスの選手を育成する」ということを考えて長期的な指導ができないからです。

「日本球界」ってのはNPBだけですか?

プロ野球は営利を追求する団体です。
そのなかでNPBがWBCに向けて全てを協力するというのは無理です。

記事中の細かい大会に向けた取り組みは現場にいないとわからないところの方が多いはずで、周りがとやかく言えるものでは無い気がします。

おそらく、中島さんも氏原さんも野球でサッカーのような議論をおこしていきたい、と考えられてのこのような内容かと思いますが、真の「日本球界」というものが存在しない以上、問題提起をぶつける相手がいない状況となってしまうのではないでしょうか。
4年後に本気で世界一を目指すなら、日本球界全体としての抜本的改革が必要。そこから目をそむけたままだと、4年後も同じことになるでしょう。感動で終わらせてはその先がありません。その方が、現場で戦っている選手や首脳陣たちに失礼。彼らにすべてを背負わせるのではなく、みんなで一緒に考えていく姿勢が必要ではないでしょうか。
いろいろあるだろうが実際のところ日本は強かった。この調子でやっていただきたい。
話を聞けば聞くほど、野球界の課題は、日本全体の課題だと痛感します。あらゆる意味で、野球やサッカーといったスポーツは、日本の中の課題先進分野ですね。
侍ジャパンを常設化する際に、絶対に失敗はできないという緊張感の中スタートし、興行としてもここまで来たのは素晴らしいと思います。
話題になる事を当たり前と思ってはいけないですよね。
感動に水を差されて不快になりましたが、違う視点の記事で面白かったです。
こういう時ほど、兜の緒を締めなくてはいけないのも事実。
この連載について
侍ジャパンは今後、どんな戦略を描いているのか。国内におけるビジョン、また世界マーケットをどうにらんでいるのかを掘り下げていく。