新着Pick
311Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
20世紀の後半から21世紀初頭にかけて、世界の流通業界の勝組はSPA(製造小売業)をビジネスモデルにする企業。日本の代表例はユニクロやニトリだ。日本のCVSも大企業のアイドルキャパシティを利用して投資無しにプライベートブランドを強化して、不完全ながらも製造小売を目指す。典型的な20世紀型小売業のスーパーマーケットやデパートは凋落の一途だ。
ただ、製造小売もeコマースの出現でこれからの20年、どのように対峙していくのかが注目されよう。アパレルもスタートトゥデイが業界の予想を覆してアパレルの世界で成功し、デパートの婦人服というドル箱を奪いデパートを窮地に追い込んでいる。家具の世界も、店舗販売だけでは品揃えが限られる。eコマースの世界では品揃えが無限大でARと3DCGの技術を使えば、自分の部屋でのインテリアコーディネートもリアルに出来る時代となった。eコマース大国の中国では、ニトリもアリババと競合することになるのではないか?是非、世界で日本ブランドニトリを成功させて頂きたい。
ニトリの似鳥会長のロングイタビュー。
生い立ちから業界の今と今後の見通しまで。
2020年の東京五輪後について間違いなく不況になると確信し、内部留保していることをこうも公然と話す方は初めて見ました。上場企業ですよね、笑。
でも、それでも乗り切る気概というか覚悟を感じて好印象。
読み応えありました。
自宅から徒歩五分のところに東京本社があります。とりあえずニトリ、になってます。このブランドは大きいですね。安心感がありますよ。
”似鳥会長は2月のブルームバーグとのインタビューで店舗の商品を毎年半分は入れ替え、その際に価格を下げるか品質や機能を高めるかのどちらかを条件にしているため「年々商品力がアップしている」と話した。品質や機能を上げる一方で価格を下げ、「その差を広げる」ことに注力してきたことが消費者に受け入れられたと分析する”
30年連続の増収増益とは。凄い結果を残していますね。
簡単なことではないでしょうし、難しい局面を何度も乗り越えていらっしゃったと思います。
経営者として尊敬します。
つい先日、目黒駅にニトリがオープンしたばかりで行ってみたけど、かなり便利。地上3階、地下1階。インテリアから生活用品まで、家電以外は何でも揃う。あの辺りは一人暮らしや新婚夫婦など、若い人も多いエリアでかなり需要ありそう。目黒駅はあと家電量販店があれば、本当に全てを兼ね備えたエリアになるな〜
中国進出応援してます
イケア(IKEA International Group)は、スウェーデン発祥で、ヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアなど世界各地に出店している世界最大の家具量販店。世界的にブランドが浸透している。家具にはそれぞれスウェーデン語の名前がついている事が特徴。郊外に「イケアストア」と呼ばれる大規模な店舗を構える方法で展開している。ロシア進出の際にはドキュメンタリー映画が撮影された。 ウィキペディア
株式会社ニトリホールディングス(英語: Nitori Holdings Co., Ltd.)は、主にインテリア(家具)の小売業等を展開する日本の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
1.83 兆円

業績