新着Pick
60Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「駐車場が見つからない、もしくは駐車場代を払いたくない自動運転車オーナーが、車を停める代わりに車道を走行させて渋滞が起きる恐れがある」
????????????

論点がズレズレな気がする。
まず、目的が渋滞緩和であるなら現時点で自動運転開発をしている会社に課税するのは意味が分からない。開発自体が渋滞を引き起こさないから。
もう一つ、マイルごとに課税したら、車を超低速度で駐車せず運行させて余計渋滞引き起こす可能性がある。

開発段階に対する規制なのであれば意味分からんし、自動運転車が例えば50%まで普及した未来を考えての規制なら、Googleなどの企業団体が言うように、その前にちゃんと開発環境を整えることが最優先で、いまやるべきことではない。
まあ、アメリカがぬるい議論している間が日本政府としてはチャンスですね!笑
以下の懸念は、私には想像できないものでした。駐車場代より電気やガソリン代の方が安いという計算なのでしょうか。
「駐車場が見つからない、もしくは駐車場代を払いたくない自動運転車オーナーが、車を停める代わりに車道を走行させて渋滞が起きる恐れがある」
自動運転は新しい分野だけにまだ規制も定まっていない状況で、社会全体が前向きに受け止められる技術になるにはもう少し時間がかかりそうなので、それまでにどういった規制が適するのか、日本でも検討していくことが必要ですね。
駐車場に止める料金より、走りっぱなしにしておいた電気代のほうが安い、ということか。それで起きる渋滞を防ぐために、税制で走行を抑制すると。ふむ、問題設定と、解決手段が正しいか間違っているか、面白い政策課題です。自動運転車向け駐車場の税金を下げるとか、他にも解答案はあるわけで。