新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
見誤っていけない点は「体験ストア」に価値があるのではなく、人を惹きつける商品に価値があるから成立するということです。
この記事でショールーミングが加速する?という議論はナンセンス。それは商材特性で変わります。
「ラクチンきれいシューズ」は、これまでになかった「はき心地」と「値ごろ感」を両立した商品で、そこに、他社ではカバーできないサイズ展開をしていることにより、ヒット商品になっています。
オムニチャネルとは、チャネルのマーケティングではなく、会社のあり方や商品のあり方すら見直す取り組みだと思っています。
ボノボスのように、サンプルしか置かずに、商品は物流センターから送る店舗はますます増えるでしょうね。
在庫ロスが減りますから、商品価格を下げたり、いい素材を使ったり(原価を上げたり)できるようになります。

特に靴は、1アイテムにサイズが多いため、在庫スペースが大きく、サイズ切れなどが起こりやすいですから、このスタイルはピッタリですね。

でも、たしかに、林たつとさんの言う通り、再配達問題が。。。

これからは、再配達に配慮した発表が好まれると思います。
下記は1年半前に書いたコメントですが、徐々に広がってきてますね。丸井が自社ブランドで展開すれば、下記で指摘した「歩合家賃をどう設定するんだ」問題が解決できますし、公平な目で見たときの新たな家賃算定の在り方を模索でき、他社にも展開していける、という強みをもっていく可能性がありますね
【以下、過去コメント抜粋】
店舗でやるのは試着と意思決定で、いわゆるネガティブな意味でのショールーミングではなく自らショールームになるスタイル
買うことを決めたらあとは倉庫から自宅に配送。当日に使うことがなければ、むしろ手ぶらで買い物を続けられるという意味で顧客にもメリットがあるし、納品された商品の検品、会計、お包み、在庫管理などをしなくていいので店員が接客に集中でき、在庫のためのバックヤードも要らなくなるということで、素晴らしいモデルだと思いました
その分を配送費として還元する必要はありますが
あとは、店舗の売上高がわからなくなるので、館との歩合家賃の設定をどうするかがネック
記事の例も高島屋が取り組んでるということで、店起点の注文はECであっても売り上げにカウントするなどの取り決めをしてるんじゃないかと思います
いずれにしろネット時代に店が提供すべき価値の再構築として興味深いですね
丸井の体験ストアのモデルが素晴らしいのは他の方が書いている通り。さらに驚異的なこととして付け加えるとすれば、店頭に取りにきてついで買いをする人は30%、店頭でキャンセルもできるのですがその際他の物を買う人は40%とのことです。顧客満足度を高める接点として確実に機能しています。
https://newspicks.com/news/2020565/
今すぐ買えない、持ち帰り出来ない以上、新規顧客に対して店頭は圧倒的な顧客体験を提供し、既存顧客には特別なオファーやサービスを提供しないといけない。

なんせお客様には一見「普通の売場」にしか見えない可能性もあり、「すぐ買えない」ことに不便を感じるかもしれない。

丸井さんの強い商品で販売実績もある商材なら、やり易いし、成功するとは思いますが、このような売り方は家具やオーダースーツでは当たり前。もちろんオーダーシューズってのも存在する。

オーダープロセスがネットになっていることは良い事だが、お客様がそれに価値を見いだすのか?

このような売場、小売業を作りたいと思いつつ、企業視点でイノベーティブと考えていることが、お客様からみてWowがない可能性もある。

売場や売り方は手段。お客様が欲しいものはやはり、本物の商品。買ってよかったと思える顧客時間、検討→購入→使用&消費。このプロセス全て、三位一体感が大切です。

新しい売り方、売場作り、難しいです。
いつも悩みます。
MODIの館全体でのライフスタイル提案、シューズで大きめのサイズにフォーカスして成功させたマルイウェブチャンネルなど最近のマルイは面白いね。
株式会社丸井グループ(マルイグループ、英:MARUI GROUP CO., LTD.)は、ファッションビルの丸井などを傘下に持つ持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
5,768 億円

業績