新着Pick
246Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
5Gでの連携は当然のこと。海外での状況を考えると、エリクソンなどが5Gと自動車OEMとの連携に積極的で、トヨタとしてはタイミング的に、海外勢力と比べて、通信事業者との連携が少し遅いと思えるほどです。ただし、こうしたコネクテッド技術が進めば進むほど、自動車OEMはビックデータを収集できますが、それが現実的には、ビックなリスクになっています。これをどう、自動車OEMの経営陣が判断して、開発部隊と新規事業開発部にGOをかけるかが、大きなキーポイント。さて、トヨタはどうするのでしょうか?
コネクテッドカーなどのIoTは5Gになってようやく本格化します。2020年の5G商用化に向け、通信会社とメーカーなど多様な産業との連携が進みます。
その際、つながった「モノ」を売るメーカーの面よりも、モノをつなげて管理するサービスたる通信の面のほうが重要になっていくと思います。
そこにクラウドAIが乗っかっていくのですが、その力を通信、メーカーいずれが取り込んでいくのか、あるいは別層のAIプレイヤーが覇権を握るのか。
このあたりが2020年を前後しての主戦場になる。いずれにしろ多業界を巻き込んでの構造変化の始まりです。ワクワクします。
ソフトバンクも入れて3キャリア全てと提携した方が良い。自動車・交通分野は国のインフラであり、JAL・ANA、JR・私鉄の様に、基本国内勢で何とかすべき分野。データ、租税、雇用など何も海外勢に握られるわけには行きません。
通信速度が現在の4Gの10倍に上る5G。Connected Carの様々な面で可能性が広がるとのこと。
自動運転技術の開発のスピードもあがるといいですね。
「日本勢では日産自動車・仏ルノー連合も米マイクロソフトと提携。ホンダはAI技術でソフトバンクと提携。BMW、ダイムラー、アウディの独高級車3社が半導体の米インテルや通信機器のエリクソン(スウェーデン)などと連合を形成。米国でもゼネラル・モーターズ(GM)がAT&Tと4Gで提携した」
タイトルはガセに近い。しかし5Gコネクティッドはこれからの基盤技術なのでNTTとトヨタはコラボはするはず(進行形)。しかし自動運転の共同開発プロジェクトはないと思う。
本日の日経1面.後のためにまとめておく.
日本の自動車メーカーからの協業
トヨタ
→NTT(「5G」で自動運転)
→KDDI(世界で「つながる車」を展開,4G)
日産・ルノー
→DeNA(自動運転)
→NASA(自動運転)
ホンダ
→ソフトバンク(AI)
→Google(自動運転)
さらにGoogleはフィアット,クライスラー,オートモービルズと連携.
自動運転でNTTが登場するとは考えていませんでした。コネクテッドかーや自動運転に5Gのテクノロジーが欲しいことは勿論理解するのですが、NTTがテクノロジーで追従できると考えていませんでした。記事には子会社と記載ありますので、こちらなら納得できます。残念ながらNTTにテクノロジーがあるとは想像できません。IoTがスタートするのはこれからですね。個人的に期待しています。情報が繋がるだけでなく、ハードが情報で繋がることは、狙いがしっかりしていれば利潤が稼げると考えています。
自動運転関連の提携は、各社間の関係が錯綜している印象。
トヨタさんは、日本高速通信の歴史から伝統的にKDDIとも連携している/連携するはず。
自動運転ではないでしょう。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
24.0 兆円

業績

日本電信電話株式会社(にっぽんでんしんでんわ, にほんでんしんでんわ、英語: Nippon Telegraph and Telephone Corporation、略称: NTT)は、日本の通信事業最大手であるNTTグループの持株会社。持株会社としてグループ会社を統括するほか、グループの企画開発部門の一部を社内に擁し、規模的にも技術的にも世界屈指の研究所を保有する。 ウィキペディア
時価総額
10.3 兆円

業績