新着Pick
1037Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
本対談までUTさんのインターンシップ「ミリオン」について存じ上げなかったです。私はこれまで数十社の新卒採用インターンシップに関わってきましたが、今まで見たことのない斬新な企画です!

組織人事で大切なことは、人事ポリシーを基軸に採用戦略から人事制度までが「リンク」していることです。インターンシップそのものも非常に面白いのですが、UTさんは「挑戦と成長」というポリシーを軸に新卒採用から人事制度までが一貫しているのも素晴らしいと思いました。

学生だったら、「ミリオン」に参加したかった!
日経ビジネスの2017年3月6日号に掲載されたストライプインターナショナル社長の石川康晴さんの創業物語が面白い。アパレル冬の時代に、岡山で小さなセレクトショップを始めた。300万円貯めて起業し、そのうちの100万円を握りしめてフランスに買い付けに行った。

「緊張して声が出なくなったのは、後にも先にもあれが初めて。段ボール10箱分を仕入れて、外国人が経営する現地のどんぶり屋で『焼き鳥丼』を食べて帰ってきました。」(同記事)

創業から20年以上経ち、店舗数1255、連結売上高1257億円の企業に成長し、今年度中の上場を目指しているという。小売業の生命線は仕入れにある。なけなしの「100万円」をフランスで使い、わずか4坪の1号店に商品を並べたとき、石川さんはどんな気持ちだっただろうか。商売の原風景が、記事を読んだこちらの眼前にも浮かんでくる。

本記事のUTグループでは、学生インターンに「100万円を使ってリアルなビジネス体験」させるという。この中から、「未来の石川さん」は生まれるだろうか。
これ学生時代にあったら受けたかった!
机上の空論を考えるより、圧倒的に目の前の100万円をどう活用して金を産み出すかのほうが難しいのでいい経験になりそう。

中途でやっても面白そう笑
スポーツビジネスでも最も重要な経営資源は人材。
totoをやると分かりますが、金額によらずリアルマネーが絡むと当事者意識が全く変わります。
その意味でも面白い取り組みだと思います。
これはさすがにすごい…
提案をするだけの責任と、実際に金を使う責任は全く異なりますよね。

少し話はずれるかもしれませんが、よく、地方に偉そうな「◯◯の専門家」や「コンサル」がたくさん来ます。そこで地方の産業の一部だけを見て、講演したり地元の人に話をしたりすると
「~~~だから✕✕✕をすべきだー!」
などと素晴らしい「提案」を、聞き疲れるくらいくださいます。

しかし実際にその人たちは自分の責任でそれをやることは一切ありません。

このインターンのように実際に金を使ってやるという経験は、責任の重さを体感しながら「実際にやるのはいかに難しいか」を経験する素晴らしい機会だと思います。
素晴らしいですね。米国の一部の企業のように、1ヶ月で60-100万円の給与をインターンに渡すのが、もっと増えると良いのですが。
ザ・実践型インターン。以前トランプ大統領がホストを務めていたリアリティ番組『アプレンティス』のよう。この辺り経験が出るので、場数とトライ&エラーの重みを感じます。「...いつの間にかニックネームで呼び合う仲になっていたりして。大きな壁に当たって、仲間意識も芽生えた...」できるリーダーだったら最初からニックネーム、でしょうから。笑
短期商売、元手100万円を増やすのはネット完結でもなかなか厳しいでしょうね(笑)。
面白いインターン。インターン希望が増えて精鋭たちの最終面接としてこのプログラムがなされたらなお面白そう。
採用コスト考えたら、チームに100万円の原資を渡して、それで計画立てさせて、実際に経営させてみる、というのは経営候補を見出すインターンとしてわかりやすいメッセージだし、良さそう。
ビジネスは本当にやり切る覚悟を持ってるかに限ると思うので、数週間にしろやりきれないならそれまでだろうし。
個人的にも大学1年生の時に、VCの方の指導の元、学園祭でいかに儲けるか、という計画を立てて実施するプロジェクトをやりましたが、とても勉強になった。
商品やマーケティング考えて、営業戦略立てて、実際に学園祭の数日間経営する、という今回のインターンのような内容を1年かけてやりながら、財務諸表の読み方や比較の仕方も教えてもらったけど、計画立てるのと事業をするのは全然違う。そして、何よりもチームが大事。口だけのリーダーはすぐ離脱していなくなり、本当にコミットして、みんなを巻き込むリーダーの形を知りました。
短期間でもそんな経験を提供する機会はステキですね。我が社も参考にして考えなくては。
100万円はfacebookの一ヶ月のインターンの給与とも。事業運営費もさることながら、インターンとしても本気の給与を出した方が良い。
この連載について