新着Pick
253Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年日本においても、サイバーエージェントさんのAbemaTVにおいて、個人による政治的番組にユニリーバさんの広告が出ていたとして問題になりました。
http://m.huffpost.com/jp/entry/12178760

DSPやアドネットワークによる広告配信は枠から人となりましたが、昨今このような問題も出て来て、やっぱり枠を見直そう、プレミア枠をという流れになっていますが、MAUが10億超えのYoutubeでも、このような広告引き上げの話が出たわけで。

第三者のベンダーの力は必要です。

もちろんGoogleは対応してきます。

つい最近だとGoogleは日本国内のキュレーションメディアのSEO対策,コピペやフェイクニュース対策に新たなアルゴリズムで現在対応進めてます。
今後動画も画像解析と音声解析で広告主にとって有害コンテンツ対応していくとは思います。
検索数が伸びてないですから、検索連動型広告の次は押さえておかないと、Facebookにやられますからね。
テレビでもあのシーンや内容ではスポンサー降りるとかあるので、ネットでも広告で儲ける場合そうなるでしょう。
画面半分が勝手に動画広告になるのも煩わしいですが、エッチな漫画や大人向け広告が指の動きに合わせて追いかけてくるのは本当に困ります。
記事を読みたいのに、こちらを追いかける広告との鬼ごっこみたいなストレスが、、、。

(幼児や未成年に関するものは見ると気分が落ちる内容のものもあり、、、。)

情報を規制には反対ですが、
自分はもちろんのこと、世の子供たちが押さないかとか、YouTube動画も大人向け?広告も、「未成年にまつわるネット問題」が親としては心配です。
コンテンツの中を見て広告を制御する機能は今後マストになるかもしれません。
YouTubeはすでにYoutube Labという取り組みをスタートしているので、今後はこちらをメインに扱っていくのではないでしょうか。イメージとしては自社でインフルエンサーを育成して、Youtubeクリエイターが動画内で動画広告(NewsPicksの記事コンテンツの動画版みたいな)ものを試験的にスタートしています。

これにより、類似性のない広告表示を避けることができるようになるだろうと思います。

YouTube Labs pairs brands & agencies with creators to produce platform-relevant content
http://marketingland.com/youtube-labs-pairs-brands-and-agencies-with-creators-to-help-produce-made-for-youtube-content-202419
YouTubeがこういう形で利用されてしまうと、広告主がこういった反応をするのは当然ですよね。

今後のYouTube、というかGoogleの動向に注目。
どのコンテンツの近くに広告が表示されるかは、新聞・雑誌時代からの大きなテーマ。編集権と(収益モデルとしての)広告掲載との調整の歴史でもある。
ナショナルクライアントの広告で稼ぐなら、コンプライアンスは重視すべきでしょうし、資本主義に囚われない再生数を基盤としたビジネスで稼ぐなら自由にやるのも一般市民の為の娯楽貢献とは思いますが、音楽だけでいうなら原盤並びに著作権の法令遵守はお願いしたい。
このポリシー変更の持つ意味は大きいですね。今回のようなことがあっても、そこに広告を表示することを決めたのが広告主であれば追求しずらくなる。

〝新ポリシーの導入後は広告の表示位置の決定は広告主側の責任になることを暗に示している。〟
早くYouTube Red初めて欲しい。お金は払うから。
是非テクノロジーで解決してほしい
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア