新着Pick

2030年の原子力割合、見通しの半分 米機関が予測

朝日新聞デジタル
電力需要の減少と再生可能エネルギーの伸びで、2030年に日本国内の火力発電所の発電量が15年比で4割減るとの分析を、米研究機関「エネルギー経済・財務分析研究所」(IEEFA)が21日付の報告書で発表…
10Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました