新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

191Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「学生時代に社会人顔負けに実務経験を積むのは結構ですが、本音を言えば、もっと学生時代を最大限に謳歌して欲しい」というのは僕の考え方と同じです。何度かここにも書いてきましたが、学生時代は、人生を考え、悩む哲学者であれ。社会に出ると目の前の仕事以外で「人生を考え、悩む」時間は減ってしまいます。まず、自分とは何か、そして、自分は社会に何を貢献できるのか、そういうことに悩み続けて欲しい。
完全に科学的に導き出されているものではありませんが、組織心理学研究者かつコンサルタントのブラッドフォードは、私たちが持っている能力を「極めて簡単に変わるもの」「可変的だけど変わりにくいもの」「非常に変わりにくいもの」に分類しています。

変わりやすい→
リスクに対する志向性、イノベーションマインド、マーケティング思考、自己に対する認識、コミュニケーション、第一印象、コーチング能力

どちらでもない→
判断能力
戦略的スキル、ストレスマネジメント、コンフリクトマネジメント、適応力、傾聴力、チームプレー、交渉スキル、チームビルディング

変わりにくい→
知能、創造性、概念的能力、部下の鼓舞、エネルギー、情熱、野心、粘り強さ

優秀さとは「採用時点で評価していた能力+採用時点では顕在化していなかった能力+教育効果によってもたらされた能力」とも言えますので、三菱商事ほど教育環境の整った企業であれば、一般的に変わりにくいとされる能力を中心に評価軸を持っていけばよいのではないでしょうか。
ウザくて、嫌みだけど自分がパッション感じることに対する実行力だけはめちゃある学生が一番面白いし可能性ある。言いたいこと言える人、てことかな言い換えると。
人気企業ランキング1位の三菱商事では、Aiを活用した採用を検討しているそうです。推薦者のデータを蓄積したり、ハイパフォーマーのデータを抽出し、応募者のESなどと突き合わせることで採用の精度を上げるのが狙いとのこと。
ESで嘘をつけない時代の到来を予感させます。
採用におけるAI活用の話しは、エンタープライズITにおけるAI利用のトップランナー。大量のエントリーシートの一次スクリーニングなどで利用しているケースもあり、情シスの皆さんも注目ですね。

学生さんへのメッセージとしては、とても共感します。何をやったかよりも、領域問わずに、どれだけ熱中、没頭していたかを面接では重視します。
事業構想力、実行力、倫理観を重視する方針はいいですね
この連載について
東大、早大、慶大──ハイエンド就活生──に異変が生じている。 企業での実務インターンや起業、AIやデータ解析の研究などを経験し、高いスキルを持つ学生──名付けて「プロ学生」が登場。彼らは通常の「新卒」には収まらず、高額初任給の提示、最初から幹部候補として採用、はたまた彼ら向けの部署を用意といった厚遇を受ける。学生にも確かな「スキル」「即戦力」を求める時代が到来しつつあるのか。採用チャネルも多様化し、同じ上位校の学生の間でもプロ学生と普通の学生との間で格差が増大する時代。カオスと化したニッポンの就活は、どこに進むのか。その最先端を追う。
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。東京証券取引所市場第一部上場。 ウィキペディア
時価総額
3.59 兆円

業績