新着Pick
185Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここには掲載されてませんが、理系のランキングで20位が[未定]となっており、研究に没頭している感が出ていて興味深かったです。いざとなれば学校推薦もありますし、院に進学する選択肢もありますからね。
一般的に、高学歴学生に人気のある会社はマスコミや金融などの規制業種や三菱⚫︎⚫︎や三井⚫︎⚫︎のような財閥系が多い。

何年経っても日本では地上波のテレビ局の数は変わらないと思うし、三菱が持っている丸の内の土地はGoogleが何千億円出しても売らないと思う。

持てない者が持てる者に挑むのは、想像しているより難しい。

個人的にそういう就職に共感するかは別にして、高学歴の学生がそういう会社に行きたいと思うのは当然だと思うし、非常に合理的だと感じる。
故・ピーター・ドラッカー氏曰く「最初の仕事はくじ引きである。最初から適した仕事につく確率は高くない」。新卒での就職は、スタートに過ぎません。就職を「一生の選択」だなどと考えずに、大いに頑張って下さい。
「ブランドで選んでいい」と「会社名で選ぶな」という相反するように見える見出しが並んでいますね。個人的には、「本質的にはブランドで選ぶものではないけれど、よくわかんなかったらまずブランドで選んでみてもいいんじゃない?」と思っていて、この記事もそういう趣旨という認識です。2つの記事はそんなに相反することは言っていないと思います。

どこかの本の受け売りですが、新卒で働く会社を選ぶというのは「おみくじを引くようなもの」という表現がとても気に入っています。働いたことがない人に選べと言っても全部をわかるわけがないですから、ある程度まで考えることは必要ですが、そこから先はえいやでおみくじを引くくらいの気持ちで良いのではないでしょうか。ブランドはおみくじ的な一要素だと思います。

おみくじですから、吉のこともあれば凶のこともあれば半吉のこともあります。納得がいかなければ、おみくじですからまた引き直せば良いのです。

ただ、おみくじを引き直すことはエネルギーと勇気が必要です。つまり、新卒で入って終わりということでは全くないということです。大学受験とは全然違います。今のおみくじでいいか、職業人生通して考え続けることになります。

なので戻ると、最初の段階で息切れしても仕方ないので、運任せでおみくじを引くくらいの気持ちでも良い気がします。
「でも、私は、全然、ミーハーでもいいと思う。なぜなら、みんなが聞いたことがある人気企業に行っておけば、仮にその後、転職する場合でも、有利に働きますから。」

無名な企業よりは周りが名前を知ってる企業の方がよいです。でもブランド企業をミーハーで選んだことが透けて見えると、「考えない人なんだな」と面接でマイナス点つけられることが多いです。(取り繕って言っても、分かります)

考えて考えて、必要な情報収集もしてそれでも迷った最後の一押しがブランドなら良いと思います。

「入ってみないと分からない」という人は多いですが、入社後に後悔してる人は、入る前から知ってただろという理由で悩んでることが多いです。
転職を重ねて成功を収めている山崎氏と転職なしに成功を手にした永濱氏だけに、同感するコメントが多いです。

個人的な経験では、最終的には本能の声を聴いて決めることにしています。また、話した相手が一緒に働きたくない会社は避けるとか(組織ではコーポレートカラーに馴染まないと生きていけないので、実際に会社の人と話すのは極めて有用かと)。
ですから、学生には左脳で分析して、右脳で就職先を選べと言っています。
人事をやり始めて間もない2010年前半に比べ、ここ2〜3年で、

・就活せずにスタートアップやベンチャーで長期インターン→入社や起業する学生さん

・海外で働く選択肢を持った学生さん

・入社前配属確約で大企業を選ぶ学生さん

が増えてきたように感じます。何が言いたいかというと、ランキングには出てこない(そもそもアンケート答えるタイプじゃない)学生さんが少なくとも一定数は出てきていて

そういう頭も身体も使って、動いている学生さんの存在を企業側ももっと知り、関わっていく必要があると感じています。彼らから見捨てられる前に。
今年の人気企業ランキングの顔ぶれについて、三菱商事をはじめとする12回の転職経験を持ち、大手企業の社風の違いに詳しい経済評論家の山崎元氏と、一橋大学で教鞭を取る第一生命経済研究所の永濱利廣氏が、対談し、分析してくれました。
絶対王者、三菱商事のアキレス腱とは? 職種別採用のメリットとデメリットとは? キャリアを作る上でのアドバイスもためになります。是非、お読みください。
毎年繰り返してますが、行った先で一生懸命頑張ってほしいです。道は必ずひらけますから。
あ、それと、電通、博報堂は中途の方が入りやすいですよ。
記事内容と直接は関係ないが、「ブランド」を表象するものはロゴマークだけではない。企業などの組織体は、しばしば建物の映像が、ロゴマーク以上に雄弁に「ブランド」を語る。本記事の伊藤忠商事も、リクルートホールディングスも、都心の一等地に構える高層ビルに入居している(余談だが、高層ビルを横から映した伊藤忠商事と、間近で下から見上げるショットのリクルートでは、印象がまったく違う。このテクニックは、映像作家が企業イメージを演出する際の基本的手段だ)。

こうした都心高層ビルを、郊外の緑豊かな広大な敷地に低層のビルを構えるシリコンバレーの企業と比較すると、「ブランド」の違いがよくわかる(グーグルやフェイスブックなど)。都心高層ビルの高層階で働くのと、郊外の大学キャンパスのような環境で働くかでは、予想されるワークスタイル、組織文化、さらにはワークライフバランスの在り方まで、大きく異なる印象を与える。企業を「ブランド」で選ぶということは、自分にとって好ましいライフスタイル(のイメージ)を選択することでもある。
この連載について
東大、早大、慶大──ハイエンド就活生──に異変が生じている。 企業での実務インターンや起業、AIやデータ解析の研究などを経験し、高いスキルを持つ学生──名付けて「プロ学生」が登場。彼らは通常の「新卒」には収まらず、高額初任給の提示、最初から幹部候補として採用、はたまた彼ら向けの部署を用意といった厚遇を受ける。学生にも確かな「スキル」「即戦力」を求める時代が到来しつつあるのか。採用チャネルも多様化し、同じ上位校の学生の間でもプロ学生と普通の学生との間で格差が増大する時代。カオスと化したニッポンの就活は、どこに進むのか。その最先端を追う。
伊藤忠商事株式会社(いとうちゅうしょうじ、ITOCHU Corporation)は、みずほグループ(旧第一勧銀グループ)の大手総合商社。日本屈指の巨大総合商社であると共にアジア有数のコングロマリット(異業種複合企業体)でもある。 ウィキペディア
時価総額
3.58 兆円

業績

三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
5.71 兆円

業績

三井物産株式会社(みついぶっさん、英語: MITSUI & CO., LTD.)は、三井グループの大手総合商社。三井不動産、三井銀行(現・三井住友銀行)と並ぶ『三井新御三家』の一つ。通称は物産。 ウィキペディア
時価総額
3.53 兆円

業績