新着Pick
1154Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ダニエル・ピンク著「フリーエージェント社会の到来」以来、ずっと働き方の変化が説かれてきました。

ブロックチェーン技術が浸透すれば、いわゆる「取引コスト」は限りなくゼロに近づくので縦型大組織の存在意義がなくなります。
究極形態としては、個々人による水平分業が行われるのでしょう。

日本が縦型大組織構造を壊せないのは、解雇規制が厳しいからでしょう。
解雇規制を緩和して、自力で水平分業に加わることのできる個々人を育成しないと、日本はガラパゴスになってしまいかねません。
IT環境が良くなっていく中で、フリーランスが増えるのは必然であると感じられます。
その場合、彼らの暮らしの安定性をいかに担保するのかというのが、課題になります。フリーランスの人が増えると、国民年金だけの人が増えますから、高齢になってもリタイアできません。そもそも、サービス業に適正な対価が支払われにくい日本では、フリーランスが収入を確保していくための、国民意識の変化や制度の革新が不可欠だと思います。
以前から書いていることの繰り返しになってしまいますが、「アメリカはフリーランスの比率が高く起業家精神にあふれていて素晴らしい」と言われがちだが、「個人事業主」は、企業が雇用をせずに委託してるだけ、というパターンの割合が高いとのこと。会社から見れば雇用責任も無ければ変動費化でき、社会保険料も要らない、ということで、不安定な労働者の存在を表してるに過ぎない、という一面があることを知ったうえでこのニュースを読むべきですね
例えば、電力会社で設備を点検している人なども、製造業をリストラにされた人が「フリーランス」として働いており、回った件数に応じて「実力主義」で「成果報酬」で支払われる、という例とかを見ると、イメージとはだいぶ違うのではないかと思います。
意外と早いかもな
学校を卒業したら1つの会社に就職して,そこでの業務に専念するという,あたりまえのスタイルはいつ確立したのか?
日本の話ですが,1950年代,日本人は4分の1しか就職しておらず,多くは家業か日雇いでした.一方,いまやITと分業の進展で仕事の絶対量は激減し,全労働者のうち4割が派遣社員やパートとなっています.しかも日本の企業の平均寿命はわずか7年ともいわれ,学校を出たら就職するのが当たり前という時代は終わりつつあるのかもしれない.
社会は螺旋階段を上るかのように,「一歩進んでからテクノロジーの発達で一段高いところに戻る」,これを繰り返しながら発展していきます.
私の実体験の英語の会話で、Freelanceという言葉を耳にしたことは一度もない。皆、Self-employeeと言います。

私はアメリカ人とは殆ど仕事をしたことがなく、イギリス含むヨーロッパの人や、アフリカ、中近東、アジアの旧英領の人々と仕事をしてきた。

米語と英語の違いなのでしょうか?

先入観かもしれないけれど、Freelanceというとなんかフワッとしたイメージで、Self-employeeというと厳しい現実感を感じる。

私は政治家がカタカナ英語を使う時は何かしら善からぬ魂胆がある時だと疑うようにしているので、日本の政治家が「フリーランス」という言葉を使い「セルフエンプロイー」と言わないこと、ましてや「自営業者」「個人事業主」と言わないことを、極めて怪しいと感じています。
僕もフリーです。半分がフリーって大変な社会になるなあ。
そりゃそうでしょ。rieti上にある「なぜ非正規雇用者は増えたのか?」という論文もオススメ。日本でも欧米のようなフリーランス用の保険制度整備が徐々に動き出してましね。
アメリカにいると、平日昼間に芝生でごろごろしていても罪悪感がない
フリーや個人事業は、身体を壊したり、家族の周りで身の回りの世話をしないといけない状況になった時、圧倒的に不利。生活保護まっしぐら。健康かつ時間を自分の為に使える事が必須条件。