新着Pick
1420Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
バズワードに便乗してニーズも小さく拡張性のないスタートアップより

こういう新規性はない市場でテクノロジーを導入 or ×IT or ビジネスモデルを変えるようなスタートアップの方が面白い

りんご酒市場とかで言えば、分散する家族経営のりんご酒メーカーのビジネス上の課題に対し、ビジネスを効率化する方向で横串をさし、バックエンドの機能でプラットフォーム化することにより、交渉力を強める or データ取得してそのデータを活かして別のレイヤーで勝負するようなビジネス

ペット保険で言えば、晩婚化、独身化で子供を持てない人が増えている中で、子供の代替になっているのがペット。なので、今後中長期的にも成長が見込まれる市場で、子供の代わりとなればペットにかける思いもどんどん強くなる。そんな中、ペットの医療は保険が効かないので、かなり高額になるところを保険で代替できるとなれば一定数の人は入会が見込まれる。あとは、ペットショップとかで入会チャネルを抑え、シェアを確保できるか。今後の技術トレンドとの親和性で言えば、AIとかで顧客属性とコストとの相関を出せれば運用費用を抑えられより低価格で高品質のサービスを提供でき、入会者数が増えれば増えるほどサービスの質が上がる好循環

スマートメーター。スマホがデジタルになり、次のデジタル化の流れは、車と家。家の中のパラメーターを抑え、アレグザのようなインターフェースを抑え、エネルギー需要を読めれば、一気通貫でソリューションを提供できそう。さらちそこで蓄えられたデータを活用して人々の行動予測、先読みして収益ポイントを設計しに行く、AIを導入してどんどんデータ突っ込んで学習させて強化する

アートや音楽などの芸術系は興味あるけど教養も金もないから手を出せない層がかなりいると思う。そういった人がアートに金を払えるツールを作ればかなりニーズはあると思う

フェンスは、、分からない
思ったより粒度が細かった。

ペット保険は日本でもアニコムを筆頭に絶好調のようですね。
業界2位のアイペットも順調だと聞きました。
オンラインでアート販売と読むと「マネーロンダリング」を真っ先に思い浮かべるのは私だけでしょうか?
ニッチだけど確実にパイが存在する(グローバルに)市場こそ、日本の中小企業が狙っていくべき!

「グローバルビジネスの隠れたチャンピオン企業」という本があります。
コアとなる技術や顧客との強い関係性をもち、世界市場で大きなシェアを獲得している無名企業をチャンピオン企業と定義されています。

ニッチトップを意図的に生み出す産業戦略が必要なはず!

軽い内容の記事から飛躍させすぎたかな・・
アップルタイザーは、昔から好きでした。りんご酒は身体にも良さそうですね。スマートメーターは、2015年にアプリ作ったりしてます。フエンスは、メキシコ向けですかね。
ライフ ペット せいめ〜い
ここに挙げられているような業界は求人市場でも見つけることが出来ます。フィンテックとかIoTなどと比べると話題性はありませんが、成長段階にあり、様々な経験を積むことが出来ます。新たなトレンドを創っていくことが出来るタイミングですね。
実はアート販売のネットショップやオークションというのは、日本でも結構マーケットがあるんじゃないかと思ってます。美術への知見が薄くとも、日本には独特の審美眼を育む環境が少なからずありますし。

それに、昨今中古品を融通し合う中古マーケットがヤフオクやメルカリなどを中心として凄い成長を遂げていて、この形態は結構アート販売にも神話的じゃないかと思ってます。
こういう市場大好き
政局が変わりそうな時にやってくる、選挙コンサルタント。
いであ株式会社は、東京都世田谷区駒沢に本社を置く準大手の総合建設コンサルタント会社。 ウィキペディア
時価総額
149 億円

業績