新着Pick

レゴランド「子供料金5300円」は妥当なのか

東洋経済オンライン
4月1日に開業する大型テーマパーク「レゴランド・ジャパン」。名古屋に誕生する巨大テーマパークは、東京…
320Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
妥当かどうかは当然マーケットが決める
レドランドは、親が子供の「教育投資」として連れていく場所でしょう。

つまり、大人同士ではなく子供連れがメインターゲットです。
そうであれば、子供料金を低く設定する必要はありません。

他の多くの施設は、大人がメインで子供がサブなので「子供料金」が安い。
子供がメインの施設は子供で稼ぐ必要があるのでしょう。
自分の子どもたちの興味を惹かんかったという理由で値段が高いという結論。

つまり「ワイのガキがおもろないってゆうてるもんに5,300円も出せるかい!」というだけのお話。ならば2度と行かんかったらよろしがな。せっかくおとうさん頑張ったのに。家族サービスで貴重な休日を空費してお疲れさまでした (*´∀`)♪

もちろん記事自体はなんの価値もない理路不明な記事ですよ。だってさ。もしも子どもがめっちゃ喜んで目をキラキラさせて「また行きたい!とーちゃんまた連れてって」ってゆうたら・・この記事とは正反対のアゲアゲ記事になってたんとちゃいますのん?

次の家族サービスは東京ディズニーランドではいかがかしらん。子どもたちもきっと喜びますよ*(^o^)/*
妥当かどうかは入場者数を見ればいいだけでは。値段を調整しちゃいけないという決まりもないんだし。実に無駄な記事
TDLや周辺のナガスパから見ても子供料金の高い設定はかなり微妙な気がする。ちょっと違うかもしれませんが、競合として
アンパンマンミュージアム子供 1500円
キッザニア 中学生でも4000円以内
日本のテーマパークは海外の施設よりも料金設定が低いので、レゴからすれば、世界基準で見たときに妥当な価格設定かもしれないが、この金額ではなかり駆潜することも考えられると思う。
そもそも親子連れがほとんどだと思えば、大人が高いか子供が高いかという傾斜の話はナンセンス。世帯で、いくらか?。払うのは親ですし、今どき子供の人数にそこまでバラツキがあるとも思えないので。

むしろ心理的に、子供4,000円でも大人8,000円台で見せられた方が印象はキツいんじゃないかと。親子で入れば同じことなのに自分に8,000円は高い...と感じる大人は多そう。と想像すると、考えられてるなぁと思いますけどね。

そして月額課金のようなサービスとは異なるのだから、イマイチなら適宜修正していけばいいでしょう
本記事とまったく関係ないが、プレゼント用にモレスキンのノートを見ていて、レゴバージョンにびっくりした。ハードカバーの表紙に黄色のレゴブロックが埋め込まれている。しかも、5ミリぐらい(?)浮き出ている。どう考えても、実用上邪魔な装飾なのだが、抑えがたい魅力があった。レゴの不思議。
ディズニーランドと比べては駄目かと。

車で来たら近所にあるJRのリニア・鉄道館とセットで来ると結構楽しめると思います。
大人も子供もジョホールのレゴランドだと年パス買える金額だしアトラクションも大差なさそう。ジョホールだと休日でも待っても10分だから名古屋のに行くことは絶対ないな。
英ブランド・ファイナンス社が先月発表した2017年版「世界で最も有力なブランド・ランキング」ではレゴが1位でした。参考までにディズニーは6位。

ディズニーランドの方が子供料金は500円安く、大人料金は500円高い。子供はほぼ大人同伴であることを考えると、大差ないかな。

※余談ですが、ボストンのレゴランドは、大人は必ず子供同伴じゃないと入れない、という決まりになっていたと記憶してます。つまり「大人だけ」では入れないということです。ジャパンはどうなんだろ。

あと、マインドストームは、僕のMIT時代のボスが授業で使っていました。よくできた教材だと思います。