新着Pick
310Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
超小型モビリティを過去7年間、全国各地で取材してきました。この話、一度死にました。それがいきなり、高齢ドライバーの事故対策をフックに復活。なぜいま、再びやらなければならないのか。これまでの反省をどのように活かすのか。その視点がない限り、この話、再び死にます。OEMも違和感を持っているはずです。国は超小型モビリティを将来、どのように実用化させるのか。その具体案に対する説明責任が、いま、問われていると思います。
ヨーロッパって路駐ができるからカーシェアリング楽なんですよね。でも、日本って路駐禁止されてるから、そこらへんに止めてポイっていうのができないのが欠点。
そこが普及するかどうかのキーな気がする。
「今回は借りた場所に返却してもらう形式」やはり横浜などの大都市では、別の場所に乗り捨ては難しそうですね。米国では、Car2Goというカーシェアサービスがあり、乗り捨て出来るため大変便利です。スマートカーだけではなく、メルセデスのセダンも利用でき、少し距離長く利用する際には重宝しています。スマートカーは小回りがきいて良いのですが、長く乗車してるとお尻が痛くなります。笑
またやるんですね。以前取材していたころ、乗り捨てという表現に、横浜市がセンシティブになっていたことを思い出します。駐車違反との線引きを気にする警察をかやり警戒してました。乗り捨てをしたいケースは多い。乗り捨てができるようになってこそ、超小型の意味があると思う。
多分どっちかといえばタクシー使う。
普通の車でいい気がする
ダイムラーのcar2goは、ヨーロッパは路駐ができるから、路肩に乗り捨て、数100mごとにカーシェア車両が散らばってて便利。それをアプリで瞬時にマップにプロットして2秒で予約、スマホで解除してすぐ使える。ここまで利便性高めないと普及しない。それは国や地域ごとに交通規制や道路状況、移動ニーズが違うからそれに合わせる必要。

話はそれるが、みなとみらいは一口にみなとみらいと言っても端から端まで数日kmあって歩くと1時間とかかかるから、自転車レンタルが結構重宝
日本は、これだけ公共交通機関が発達している都会で、半公共的な車での移動(カーシェアリングのこと)をどう位置づけるかを、インフラ含めてちゃんと考えて方がいいのでは? 車での移動が基本の欧米と環境が異なる。
単なる移動なら、公共交通機関やタクシーで十分
プライベートな空間が欲しいなら、費用はかかるが自家用車
郊外にドライブしたい、物を運びたいなら、レンタカー
馬車に端を発する欧米の自動車文化に対して、日本はかご屋が原点とすれば、自動運転の2人乗りのEVが専用レーンをスイスイ走っているイメージですが。
トヨタi-ROADのモニター参加をして感じたのは、駐車場よりも電源の確保が難しいこと。市内でも長距離を走ると無事戻れるか不安になりました。EVの普及はインフラ整備度に左右されますね。
都心でやってる自転車シェアで良い気がします。千代田区・港区・中央区・江東区でやっていて、かなり便利。って、タクシー業界の私が言ってはいけないが(汗)
日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は「日産(NISSAN)」。日本国外の一部では高級車ブランドの「インフィニティ(INFINITI)」、また新興国向けには低価格ブランドの「ダットサン」を展開する。 ウィキペディア
時価総額
4.54 兆円

業績