新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

185Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近は知り合いの起業家も投資家もイスラエルによく行っているので、注目している場所です。

起業家の友人は、まさにここにあるブレインテックという分野を研究していて、脳神経科学の見地から「共感」をスコアリングしようと取り組んでいます。
かなり先進的な取り組みをしている、という印象ですね。

記事にも少しありますが、彼らが口を揃えて言うのが、「軍事技術が極めて高く、民間への技術転用でビジネスチャンスが大きい」という事です。
そのぶん失敗も多いけど試行回数がおおいから結果もでる。
サムライという名にふさわしい挑戦ですね。
"「イスラエルはいい」と言い続けていると、日本人は動くのだと実感しました。"
多くのテクノロジーは軍事によって発達してきましたが、その意味ではイスラエルのサイバーセキュリティは最強と言えます。果たして、軍需産業が厳しく制限されている日本から、今後世界をリードするテクノロジーが生まれてくるのでしょうか。
↓ 見習わなければならない部分と感じます。
「イスラエル人は基本的に、仕事よりも家族を優先させます。仕事中でも家族からの電話がかかってくると、途中で普通に出たり、帰ってしまうこともあります。でもそれは、人間にとって本当に大切なものを理解している証拠だと思います。」
イスラエル企業はゼロイチが強い。日本の大企業はある程度育ったビジネスをスケールするのがうまい。だからこそ上手くハマればシナジーがあるはずだ。今からSVでインナーサークルに入るのは大変だけど、イスラエルなら可能だ。イスラエルをR&Dセンターとして活用して欲しい。という話をイスラエル日本大使館の方から伺いました。口でいうほど簡単な話ではないと思いますが、面白い視点だなと思いました。

私がこれまでに出会ったイスラエル人の技術系の人たちは大抵軍隊でキャリアを積んでいました。その部分は日本人からはなかなか想像つかない部分だと思います。
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。