新着Pick
The New York Times

この記事は有料会員限定の記事となります。

160Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ネットにより「機会の平等」が実現する一方で、その機会を活かせるかどうかで「結果の格差」が生まれる。スーパースター企業が機会の平等を提供するという大義名分を守り続ける限り、皮肉にも個の格差は広がり続ける。
個人的には、「教育の機会の平等」さえ実現できれば、結果の格差を受け入れるべきだと思うけど。
AmazonやGoogleのサービスは広くほぼ全ての人に恩恵が還元されている社会プラットフォームのようなもの。ゲームのような趣味性の高いサービスや、高級嗜好品のような一部の富裕層をターゲットにした会社とは違って存在している意味が広く認知されているので、そういう会社が伸びていくのは自然な事でしょう。
とはいえGoogleの収入は広告であり、広告を出してくれる企業があってこそ。Amazonの通販も欲しくなる商品をつくるメーカーがあってこそ。
商いというものは、それぞれが持ち場持ち場で一生懸命頑張ることで、お客様から選ばれる競争である事には変わりありません。
自由貿易とグローバル化は国家による富の再分配を機能不全にしています。グローバル企業は人件費の安い国で生産し、安くて良い商品を世界中に輸出し、法人税の低い国に僅かな税金を支払うためです。また先進諸国は安い労働力と輸入品の流入による人件費の新興国化と値下げ競争によりデフレ圧力がかかり、どこもかしこも低インフレと低成長に苦しんでいます。

現在グローバル企業の過半数はアメリカ国籍ですがオバマ政権はグローバル企業とそこに投資する資産家への不可逆的な富の集中という問題を富裕層増税と法人増税により解決しようと試みましたが、これは富裕層とグローバル企業の海外流出による中間層の貧困化という最悪の結果を生みました。そこでトランプ政権は減税と財政拡大と保護貿易によりインフレに誘導し、インフレ税により富の再分配を目指しているようです。
圧倒的な勝ち組の誕生を分析するスーパースター経済学という考え方も出て来ている。技術の高度化と共にこの傾向は益々強まってトリリオネアというウルトラスーパースターも出て来そう。
あとは感情論だからなあ
新興国の貧困層は底上げされ、先進国の中流層が凹んだ形。その成果が特定のスーパースターに集中したって流れ。
こんな事は分かっている。だからベーシックインカムが
必要だと思っている。
人類市場初めて、全ての人が文化的な生活を送れるのが
僅かなトップの生産性向上なら、それも許される。
そもそも全員が一生懸命仕事をしないと食っていけない時代じゃなくなってきている、というのが大きいと思ってます。産業革命、IT革命の恩恵が世界中に広まっているから。

よって、「価値のある仕事」のレベル感が昔と比べて一段と上がっているのだと思います。要はサラリーマンに求められる努力量もめっちゃ増えてて、ちゃんと能力のばさないと食いっぱぐれますという当たり前の世界に近づいてきているのかと。
問題提起はごもっとも。でも、資本主義色が強い現代は、市場に政府が介入しないのが基本ルールだし、そのもとで地主と資本家と労働者が契約で経済が成立してますよね。この自由市場が不況に陥ると政府が財政政策と金融政策で調整に入るので、結果としては資本主義をベースとして一部社会主義的な面もある混合経済ではあると思います。何が言いたいかというと「この問題の解消策を教えてよ…。」ということなんです。資本主義辞めますか?もっと政府の介入を強くしますか?何とかして欲しい。日本だってジニ係数は高く、ぜんぜん他人事じゃないんだよねぇ…。
IBMの佐々木さんがおっしゃる通り「結果の格差」が大きくなっている時代。だが、働く側にも頑張れば「結果の格差」を生み出せる時代。

圧倒的な結果を生み出せる人になれば、働く側の人も立場がいずれ、入れ替わるか、おなじになる。

今のポジションに囚われることなく、「圧倒的な結果」にまずはこだわりたい。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
62.6 兆円

業績

Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア