新着Pick
1311Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
家族経営のコンビニの24時間営業のしんどさを昔近くのコンビニでみてて感じた。そして1年後そのコンビニは廃業してた。ほんと近年コンビニFCに参加してもメリットはほぼないと思うけどね、みたいな話をFCフェアみたいなところで話したらドン引きされた笑
現場を担当する人達(FCオーナーや店員)の“善意”でしかオペレーションを支えられなくなったら、そのビジネスモデルはシステムとして破綻しているということです。
拡大再生産も永続的な維持も利きません。

AI化や契約内容の見直し等、システム全体の再構築ができなければ、次はコンビニ業態自体がこの記事のオーナーのように追いつめられるでしょう。
外食や宅配の次の標的はコンビニてすか…。全体像を示すデータに基づかない情動的な記事がこのような形で増殖していかないことを願います。
コンビニ業界の制度設計に本当に無理があるのならば、全国6万店のネットワークはとっくに瓦解しているはずです。

具体的な数値を示しますと、2015年度にフランチャイズ契約(15年)が満了したセブンイレブンの店舗(土地を持たない脱サラ型)は624店ありました。このうち契約更新されなかったのはわずか47件(全体の7%)で、その17件は2度目の15年契約満了(開始から30年)に伴う未更新でしたので、実質的な契約更新率は95%でした。
このセブンの数字は別格としても、ローソンやファミマでも契約満了時の更新率は70〜80%で、大多数の加盟店オーナーは自らの意思で本部との共存の道を歩み続けることを選んでいます。
昔、コンビニのオーナーをやっていた男性の依頼者がいて話を聞くと凄まじい生活ぶりでした。
まさに「24時間働けますか?」

ちなみに、案件は離婚。
奥さんが逃げる気持ちもわかります。
良い記事だなあと思いました。コンビニは日本の縮図・・・オーナーの最後のつぶやきが物語っている。
今日本経済のボトルネックは人手不足と言われています。
アマゾンですら、宅配便の人手不足には対抗できない。
人が多いころに作ったビジネスモデルの限界があちこちに見ているので、今の働き方改革の波にのって、コンビニのビジネスモデルは抜本的な見直しに入るのでは・・・あれだけデータがあるのだから、とっくに本社は限界がわかっていると思うのですが・・・

「コンビニってさ、日本の縮図だよ。良くも悪くもね。データ分析を突き詰めるハイテクなところも、サービスがとにかくきめ細かいところも、少子高齢化で働く人が足りないところも……」
私は、2009年に「コンビニエンスストアなどの一律的な24時間営業反対、見直しを!」と提案しました。きっかけは環境問題。「環境にやさしいライフスタイルに転換すべきでは」という主張でした。

しかしながら、24時間営業がビジネスモデルとなっていたチェーンストア団体からの強い反発、遅くまで働いている方からの「不便になる」とのご意見。また、その後、リーマンショックの影響等で有効求人倍率が0.5と厳しい雇用環境の下、24時間営業のコンビニ等が雇用の受け皿になっているとの評価も。

しかし、時代は大きく変わりました。人手不足、働き方改革、人間らしい生活への改革。飲食店で24時間営業の見直しも。今後、コンビニ等の24時間営業の見直しを議論し、それらを契機に、すべての人が文化的な生活を送ることができる社会の実現に向け、改めて我々のライフスタイルを問い直す必要があるのでは。

正月、元日からスーパーなどが開店してますが、三が日は休業とし、地域社会や家庭に「お正月」を取り戻すことを、みんなで考え実行したいです。百貨店なども定休日を復活させる、深夜労働は必要最小限に。そして家族を、地域を大切に、絆を深め、生き生きとした地域社会を創りたい。こんな社会を目指したですね。

そして、大切な働き手は、これから需要が急増する「介護・福祉」「保育・教育・子育て支援」「安心安全」などの場で大いにご活躍頂くことが、持続可能な日本社会に繋がると確信してます。ハードルは高いですが、未来を見つめた真摯な議論をはじめ可能なところから共々に実行へ。
おっちゃんのコメントも分からんではないが、実態としては「一国一城の主になれる」という夢を搾取するモデルという実態が強いと感じますね
オーナーが夫婦で深夜まで働き、人件費を削減する利幅が利益の原資になってます
私は、ローソンの玉塚社長に、
従業員が疲弊させないと宣言する
コンビニがあればそのコンビニしか
行かないと、言った事があります。

私は日本の状況は異常だと思います。
大変な仕事を、やりたく無い仕事を
している人が対価を得る事が必要だと
思います。

ドイツのウェイトレスの時給は1500-2000円
くらいなのです。
現場の率直な声が聞ける記事だと思いました。都会だと24時間オープンしていても来店はありそうですが、地方だと余程大きな道路に面していないと夜間のお客様は少ないと想像します。そして、更に地方だと若い人を集めるのは難しいです。

ATMの設置。便利になりすぎたために24時間営業をやめられなくなったのですね。
また多店舗展開しないと事業としては成り立たないと。

取り扱う業務は本当に多岐に渡ると思います。てきぱきこなしている方々には頭が下がります。

今朝はスーパーやコンビニエンスストアで、災害時に店舗で住民を支援するための機能を強化する動きが広がっていると報じられていました。とても心強いですが、コンビニオーナーの方々には更に負担になるように思います。本部のサポートが必要ではないでしょうか。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170312/k10010907791000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_017
以前同じようなことを疑問に思ったことがあって、もともと7-11なんだから、7:00開店、23:00閉店ではいけないのかと、業界の中の人に聞いたことがありました。

その人曰く

・基本は深夜帯は物流のための時間。その時間のほとんどは物流センターから来たトラックが商品を店舗に配送して、店舗は陳列をする。そのための時間と考えてもらっていい。どうせ商品を受領して、陳列をするために店舗にスタッフがいなければならないので、だったら、そのまま営業した方が売上と利益になる。

・オフィスビル内などでは時間限定の店舗が確かにあるが、これだけ全国に店舗数が増えている中で商品の物流総量を考えるとAM7時オープンに一斉に切り替えれば、今度は物流側がパンクする可能性がある。

・65歳以上の高齢者のパートスタッフの比率が増えてきた。彼らは0時以降から早朝の時間帯に働くケースが意外に多い。
POSや店頭の細かい作業を覚えるのは苦痛だが、品出しや掃除であれば大丈夫という世代。真面目だし、掃除や接客も丁寧で、キビキビと働く。若者や外国人スタッフにもうまく接して細かく指導してくれるので助かる。

1、2年間に聞いた話ですが、今もそれほど大きくは変わっていないと思いますね。