新着Pick
306Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私のようなNPOにとっては毎日が復興支援ですが、3月11日は復興に"取り組まない"1日になります。なぜなら、この日は東北沿岸は鎮魂の日となるため、現地での活動は控えられるためです。

被災者にとっての最大の関心は住まいです。この一年間は住宅再建がもっとも進みましたから、復興が進んだ一年であったとも言えます。しかし、お一人暮らしの高齢者も少なくない中で、公営住宅の暮らしは寂しいものです。過去の震災をみても、孤独死は減りません。
町並みは行政の力で戻すことができます。しかしそこに営みや暮らしが持続できる形で生まれるかは分かりません。

建物を中心とした行政による復興が進んだ後は、民間の力によって東北を行きながら盛り立てていく時期が迫っています。

全国から東北を支えることもできます。一つは観光。東北の素晴らしい桜は、4月中旬からゴールデンウィークにかけて見頃となります。一つは購入。三陸の牡蠣や、仙台平野のイチゴは今が旬。震災を乗り越えて日本一の水準です。
東北と震災を思い起こし、皆さんお一人一人が今何ができるか、考える1日にして頂ければと思います。
あれから6年。熱しやすく冷めやすい日本人も、さすがにこの大震災の記憶を留めようと官民メディアを通して努力してきましたが、それでも何か忘れ去られているものがあるように感じることがあります。「震災いじめ」などを耳にするたびに、そう思います。

地震や津波の被害者はもちろんですが、人知を超えた自然の猛威の前には、最新の防災技術という驕りなど何の役にも立たず、フクシマの原発事故が起きた。天災に人災が加わってしまったのはいかにも余計なことであった。人的な被害だけではない。この事故は国民に数十兆円の負担を強い、東電や東芝を窮地に陥れ、なお収束の兆しもない。原因の追究、責任の所在の明確化、そして再発防止を考える上では原発というものとどう向き合うのかが真剣に問われなければならないでしょう。

犠牲者のご冥福をお祈りします。
数字を見て改めてこの震災の大きすぎる爪痕を思います。スマトラ大地震とスマトラ大津波とチェルノブイリ事故とシリア難民発生がこの狭い国土で同時に起きたような大震災でした。人口減少と過疎化を一気に加速させ、近未来を現在に引き寄せてしまった大震災でした。そして、官僚機構を使いこなせない政権、危機管理を任せられない政権は直ちに信を失うことを見せつけました。小さな例かも知れませんが、メルトダウンの可能性に言及した官僚を更迭したことは今も強く反省すべきだと思います。
当時、東北とは程遠い九州で研修医1年目。釜石等へ派遣され災害医療に従事する知人の医療職たちを見ながら、何も力になれなかった自分に悔しいような情けないような何とも言えない気持ちだったことをこの時期になると思い出します。

今後も被災地周辺住民に対しての医療は大きな課題のひとつといえます。そんな中、産業医としてできることはこれから数十年続くと言われる廃炉に向けて原発で働く作業員や除染作業員の健康管理。特別な作業場である故、放射線、熱中症、粉じん、感染症などのリスクが必然的に高くなります。そんな中、労災事故や私病による重篤な健康障害や災害を防ぐため健康相談窓口が原発内に設置され、私としても入構時や定期の健康診断のチェックや、現場への労働衛生パトロールを行なっています。

何かと叩かれがちな原発産業ですが、廃炉のため毎日精を出して働いている東電の社員や1万人弱の作業員についても気にかけてもらえたら幸いです。

廃炉作業員健康相談窓口について
https://newspicks.com/news/2116465/

東電社員のストレスは中傷
https://newspicks.com/news/2107509/

福島第一原発の安全衛生ガイドライン
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000095466.html

1年以上の記事ですが参照までに
https://news.yahoo.co.jp/byline/yoshikawaakihiro/20151026-00050658/
今日は、福島の慰霊式に行ってきます。

福島の復興のシンボルとも言うべき『ふたば未来学園高校』の演劇について書きました。

http://ameblo.jp/gohosono/entry-12255120020.html
今日に向けてここ数日で各ニュース番組で特集が組まれてましたが、避難が続いており地元に戻るかどうかということ、福島出身者や避難者に対する差別、いじめが起きていることなどを報じるものが多く、震災被害は現在進行形であることを痛感します
特に差別の問題は、子供が学校で、というだけでなく、大人も職場で「補償金貰ってるんだからそんなに給料いらないだろう」と言われるとか、福島ナンバーで工事現場を通過するときに「放射能通過ー」と言われる例など、信じられないようなことが現実で起きてるようで悲しくなります
周りの人の温かい視線が身近な復興支援なんでしょうね
震災が発生した時、ちょうどりんかい線に乗っていて、地下鉄がめちゃくちゃ揺れて地下鉄が止まり、このまま死ぬのではないか、という思いに本当に駆られました。さらに何とか地上に出たら、お台場が火災で燃えていて、近くの公園に避難して来ていた多くのシティバンクの外国人社員がクロスを切って神に祈っている姿、隣にいた人のワンセグで東北の津波の映像を見て、やり残したことを考えてました。

それが6年前になるんですね。
あれから6年。被災された方々のご冥福をお祈り申し上げます。今も避難されている方にお見舞い申し上げます。総理の記者会見には節目が必要だと思います。でも、2011年月14日に始まったKIBOWプロジェクトは、10年は続けます。昨日の日経コラムは、震災に関することでした。引き続き記憶に留めたいと思います。
(他の記事へのコメントを転載しました)。
私は今、出張でワシントンDCに来ています。一昨日、ある米国上院議員の秘書と会いました。元軍人の彼は、東日本大震災時に「トモダチ作戦」に参加したことを「軍人生活の中で、最大の誇りだ」と語ってくれました。この「トモダチ作戦」には、2万4千人の米軍将兵が参加し、震災後約1ヶ月半の間、昼夜を問わず被災者救出に全力を尽くして下さいました。
以前、キャロライン・ケネディ前駐日米国大使はスピーチの中で、「3.11トモダチ作戦は、9.11アメリカ同時多発テロの被害者救出に、日本の消防救助隊が駆けつけてくれた事に対する、感謝の行動だ」とコメントされました。まさに、国境や人種という差異を超えた、人間としての「同苦」の心が、「連帯」の心を生み、苦しみを取り除くための「行動」に繋がった事例と言えます。
それが、個人であれ国であれ、心の通った信頼関係の構築がいかに重要か・・・日米同盟を含め、諸外国との強固な信頼関係を築いていくことは、政治家の最重要の責任だと、米国で迎える3.11を機に、改めて強く実感しています。
震災から3日後の3月14日に創業しました。震災があって一念発起した…訳ではなく、既に登記申請を済ませていたから、というのが本音のところです。1、2年目はお恥ずかしながら、生き抜くことに必死で、震災がどこか遠くの出来事のように思っていました。3年目に現地を巡る機会があり、ようやくリアルになりました。その日から会社の成長と共に、年々、震災復興に対する当事者意識が強くなっています。

被災地の持続可能な経済発展を実現するため、観光振興でお役に立つこと。そして今こそ被災地に未来を照らす遊び心を。事業を通じて取り組んでいきます。それぞれできるところから。まずはヤフー検索を。
https://fukko.yahoo.co.jp
新着記事一覧
アーモンドアイ、天皇賞・秋連覇への不安要素は? 国枝調教師に聞く「あとはルメちゃんに」
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

元“公務員ランナー”川内優輝33歳「今年はレースがなさすぎて」あの国家資格試験に合格していた
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

「若貴ブーム」時代の相撲ファンは再び相撲に戻ってくるか? ドハマりして2年で相撲映画を完成させたTVマン
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

「総合力の高いチームがW杯で勝てる」 コロナ禍の欧州遠征で日本代表が得た“2戦以上の価値”とは
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

強烈ファウルチップが急所直撃オリ伏見の“悶絶映像”にファン心配「伏見の伏見が」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

食事会場は授業中の教室のようにドクター&広報が語る、日本代表の感染予防策と取材対応
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

大迫勇也が“カメルーン戦だけ出られた”交渉とは JFA、TV局関係者が語る欧州遠征の「綱渡り」
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

アルビレックス新潟、19歳MF秋山裕紀の復帰を発表。今年9月にアスルクラロ沼津に期限付き移籍
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

日本代表オランダ遠征は「何度も無理かも、と」 反町技術委員長&田嶋会長が明かす舞台裏
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
2Picks

CLで精彩を欠いた南野拓実に“失望”の声。リバプールOBは「正直、役に立たなかった」と辛辣批判
サッカーダイジェストWeb | 専門3誌のオリジナル記事が満載!
2Picks