新着Pick
290Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事で紹介してもらいました、山岸です。せっかくなので少しだけ補足を。

記事内で特に情報発信に力を入れたいと書きましたが、これは私が福井に移住して実感した危機感からきています。

それは明らかな「人手不足」です。本当に、切実に、地方で働き手がいなくなってきています。(なんと福井県の完全失業率は2017年1月にわずか1.6%!!)

もちろん福井のモノやめがねが売れるための製品PR的な発信も必要ですが、加えて「福井の産業の魅力」をしっかりと伝えていかなければ、後を継いでいく人たちがいなくなり産地としての未来はありません。

ちなみに、具体的に私が移住してきて今の組織に入ってすぐにやったことの1つは、情報が網羅され、魅力が伝わるWebサイトの立ち上げです。地味な取り組みですがこのような基本的な発信もなかなかできていないのが地方です。

福井・鯖江めがね総合サイト
http://www.japanglasses.jp

立ち上げてからは毎月何件もエンドユーザーや業界の人から問い合わせが来るようになり、商談・取引がたくさん生まれていますし、今後もめがねづくりそのもののイメージを変えていきたいと思っています。


これからも未来の担い手と地方の産業をつなげるなどの広義の意味における発信に力を入れていくと同時に、とはいえ日本全体が人手不足の中で「人の手を残すべきところを残し、そうでないところをいかにテクノロジーで効率化するか」ということも長期的テーマとして活動しています。



そんな立場から、Newspicksでどんどんコメントさせていただきますのでよろしくお願いします!
地方創生は政策として語られることが多いですが、実際に必要なのは地方においてちゃんと稼ぐ事業を作り出し、経済・財政共に自立していくことと言えます。

地方がそれぞれ独自の経済・財政の構造を作り出し、多様な発展を果たしていけば、日本自体も新たな成長のあり方を模索することが可能です。過去の延長線の国からいくらもらうのか、という発想ではない道は、実際には政治・行政ではなく、民間の力こそ問われていると思います。稼ぐ視点から地域の問題を見ていくと、結構シンプルな問題と解決策が見えてくると実践しながら感じています。

複雑に考えすぎず、議論だけでなく実践から回答を作り出すこともまた、極めて大切だなと思います。膨大な予算を、良く分からない名ばかりコンサルにまかせて地方は再生しないので、自分たちで取り組むこともまた大切だと思っています。
地域を活性化するときに、重要なのが民と官の連携で、ここがうまくいかないと最初からリソースが二分されてしまいます。

ただ、民の側のKPIはよりよい結果重視、官の側のKPIは抜け漏れのないプロセス重視になりがちで、価値観のプロトコルがずれやすい。ここをつなぐオープンソースな立場の人が必要になります。

今回のプロピッカーの方々の記事を拝見して、まさにここの役割を強力に推進されている方ばかりだと思いました。皆さんの知見に学ばせてもらいたいと思います。
地方創生について、見識を深められました。ありがとうございます。地方創生を考える際、島根県隠岐郡海士町における教育からの活性化を想起しました。また、東日本大震災後、10回程ボランティアとして陸前高田や気仙沼を訪れたことを、つい昨日のように思い出しながら記事を拝読しました。

都心に住んでいると地方の事は対岸の火事のように思いがちですが、日本という全体を考えた場合には大きく影響してくることと個人的には考えます。

11日で東日本大震災発災から6年。改めて考えさせられることが多いです。
「地方創生」、以前と比べて、最近、マスコミで取り上げられることが少なくなったような気がします。いよいよこれから重要なテーマなんですが。
東京に一極集中している人・モノ・カネ、更に情報発信力。これらを如何に地方へと、創造的な流れにするか。各自治体の主体的な取組が最重要ですが、同時に民間も含め、連携し、更に、国を挙げた取組が大切では。同時に「人」です。

京都市内には38の大学・短期大学があり、15万人の学生さんが学んでおられます。そのうち、約4割が下宿生。京都のいくつかの大学では、京都以外からお越しになった学生さんに、東京ではなく出身地に戻ってもらうという理念を掲げ、就職の紹介などをされています。また、市内全域をキャンパスに見立てて、町内会や商店街とコラボする取り組みや、過疎の村に入って町おこしをする取り組みも。こうした京都の大学での学びが、人との繋がりを大切にし、出身地や地方・地域(ローカル)を大切にする心を育むことにつながればうれしいです。京都で学んで良かったと、全国の方に思っておらえるよう京都市も努力します。。

ところで、プロピッカーになられた、山岸さん。かつて「京都学生祭典」でご活躍!嬉しいです! 以前、私は大学生の広報チームから「市長は学生時代に戻れたら何をしたいですか?」と取材されたとき、即座に「京都学生祭典の実行委員長!」と返答(笑)。京都学生祭典は京都の宝です。毎年10月の初旬に開催される大学の枠を超えた祭で、私も毎年参加。一緒に踊っています。京都の大学で学び、多くの人と出会い、京都学生祭典を支え、そして地方創生にご尽力。大変、山岸さん、頼もしいです。学生祭典は今年は記念すべき15回! 喜馬実行委員長らが頑張ってられます。同窓会も頑張ってられます。応援宜しく。
よろしくお願いします!
地方創生について、「きれいごとでない地方創生を知りたい」「空中戦は聞きたくないから」とコメントを求められることがある。

それならと思い、きれいごとでない「しがらみと政治とカネ」のことを少し話すと、消化しきれない顔色をされる。そもそもの前提が都市と地域では大きく違う。

だから、地方創生を都市圏で語る時は、本質にフタをして、なるべくキレイごとを語って、笑っているのがいいのだと思います。笑
成功しているところは

流通改革&販路開拓

ができたとこが多いイメージ
海外を転勤しながら外国の会社でサラリーマンをやっています。最近思うのは、外国でうまく行っているモデルで日本にも使えそうなものは結構あるということ。たとえば、観光大国スイスの鉄道。普段使いはとても不便な高山鉄道ですが、国内外の旅行者が絶景求めて頻繁に利用します。国鉄時代の廃線された北海道十勝の山奥の路線など、景勝地をめぐる鉄道跡は結構ある。鉄ちゃんも結構いることだし、クラウドファンディングで誰かやんないかな。
地方創生で一番筋が悪いと思うのは「里山資本主義」などのエコロジー指向

地方は一人当たりのインフラコストが高いので経済的には都市に集中した方が有利

地方には自然は有り余っているのでエコロジーが必要なのは人口が集中している都市部の方

地方のメリットは土地代が遙かに安い事

昔に較べて通信コストが劇的に下がったので地方にオフィスを構えた方が有利という場合も出てきていると思う

この場合に最低限必要なのは通信インフラとエネルギーインフラなので安い通信インフラとエネルギーインフラを提供できる自治体が生き残るのでは