新着Pick
657Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
【追記】いま商標検索してきたら、「ポケモン」も「ドラクエ」も当然のように商標登録されています。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/

【原文】
世代によって判断も分かれそうなところ。私からすると、マリカーはマリオカートの認識しかないですね…

※商標法上、①自己の商品・役務と、他人の商品・役務とを区別することができないもの、②公益に反する商標、③他人の商標と紛らわしい商標、は登録できません。
何だか、フランク三浦でも思いましたが、あんまりこういう形での商売は、法が認めたとしても世の中が認めてはいけない、と思うのです。。
この手続が実に迂遠です。

行政庁に申し立てて却下されてようやく裁判所に訴えることができる。
裁判官に専門知識がないという理由で、「実質五審制」を強いられてしまいます。
裁判所も、「専門の特許庁が判断するなら」と追随します。

「マリカー」なんて私の歳でも類似性がわかりますが。
おかしくないですか?
この判断。
この登録商標「マリカー」は、登録されている役務(サービス)の範囲が「自動車の貸与」等となっており、任天堂の主要業務とは異なります。したがって、混同を生ずるおそれがあるとの異議申立理由が認められるためには、「マリカー」が、任天堂の業務に係る商標として、高い周知性を得ている必要があったのではないかと推察します。

任天堂側は、審査段階で、この出願に拒絶理由があるとする情報提供をしてもよかったと思いますが、異議申立てが認められなかった以上、今後は、無効審判での対応になるのではないかと思います。
著作権、商標に関する一般社会の厳しすぎる理解と法律の乖離が面白いなあとコメントを眺めていて思いました。なぜか取り締まる側に身を置いて理解しているんですね。これじゃあイノベーションなんて起きやしませんよ。危ない橋(本来自由な領域)を渡ろうとする人を一丸となって阻止し、袋だたきにするんだから。味噌もクソもカレーも一緒くたに「違法だ!」と言うのが日本病の正体ですよ。
マリカーは、任天堂に訴えられたら後もウェブサイトに「リアルマリオカートです!」って謳っているのに、それでも認められないってどないやねん。

もう、そんなんパクリホーダイ。
大企業がデザイン費・宣伝費かけて作り上げた後にホイホイ名前パクって商売しほうだいって、、、。

キャラクター分野は、メチャクチャ商標・権利厳しいのに比べて、モノを作らなきゃ甘々なのね。

任天堂の脇の甘さもあるでしょうが同情します。

マリカーさん、事故を起こしてから考えるのではなく、ちゃんと事前に対応考えてやっていってくださいね。
え?

商標が取られていたから、それの無効を申請して、それが1月に却下されたので、2月のこのリリースになったのでは?

https://www.nintendo.co.jp/corporate/release/2017/170224.html

このニュース、ちゃんと経緯を理解しているか疑わしく思います。
なぜこの記事が3月8日現在ででるのか、不可解。
「トッポギ」と言われてもまさか「突然六本木に行く」という意味とは思わない。

「NHK」と言われてもまさか「二の腕引っ張ってキス」という意味とは思わない。

そんな構図と一緒でしょうか。

ちなみに、チョベリバ世代です。

2016年女子高生流行語
http://nozevolution.com/archives/4344
マリオカートは知っているけど、「マリカー」とだけ言われたら、多分マリオカートとだと気付かない。「任天堂」と「カート」がセットになって、マリオカートと認識出来る。最初から分かる人は、結構少ないんじゃないかな。マリオカートは広く認識されているけど、マリカーが認識されているとは言い難い。マリカーという名称で、公道カートのサービスを提供する事が、マリオカートを連想させるだけ。複数の要素が一つになると問題が見えてくる。全体としては駄目かもしれないが、「マリカー」という名称を単体で見ると問題は無いように思います。

「MariCar」に「O」と「T」を足せば「MarioCart」となり、マリカーに「O」と「T」を足せば、マリOカーTになる。たった2文字でも足したり、引いたりするだけで、印象は随分変わる。商標に限らず、デザインでも見えない部分が補完され、同じ様な物に見える。ハッキリと境界線を引くのは難しいですね。
どっちもどっちの問題で、賢い者がお金儲けができるということです。
でも我が家の近くをマリカーが走っていると楽しいことは楽しいですね。
任天堂株式会社(にんてんどう、英語: Nintendo Co., Ltd.)は、主に玩具やコンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本の企業。TOPIX Core30の構成銘柄の一つである。 ウィキペディア
時価総額
7.41 兆円

業績