新着Pick
421Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
フィンテックやシェアリングエコノミーのREGULATORY SANDBOXを東京で。さらに世界の高度人材のビザ緩和や世界最速グリーンカードを東京の国家戦略特区(別名:トランプ特区)で実現を。自民党の都議会もこれくらいの政策提言ができないものか・・・ヽ(´o`;
知事からの提案を審査するという上から目線の受身の姿勢では、都民からの積極的支持は得られない。自民党都連執行部の皆さんは再考を。
フィンテックが日本で今ひとつのほとんどの理由は、金融機関の自主規制と金融庁の護送船団方式にある。都知事がのろしを上げるのはいいことだが、実質的に何をするかを決めないと何も進まない。とりあえずはすべての公金、パスポートの発行手数料などを電子マネー対応して欲しい。現金主義はフィンテック以前の問題。まず隗より始めよ。
小池都政の3つの公約、「セーフシティ」「ダイバーシティ」「スマートシティ」のうち、スマートシティは、「金融先進都市」「環境先進都市」です。現在進行中の「国際金融都市・東京の在り方懇談会」では、サンドボックス制度を含めた施策によるフィンテックの集積も一つの課題にしています。
フィンテックは良いが、まずはwifi整備とかすぐにできることを優先してほしい。医療のメディテック、教育のエドテック、広告のアドテックなど、やたらテック関連のワードが出回ってるが、要は東京がテクノロジーに最高にフレンドリーな都市になれば、全部ついてきますね。
「フィンテック、IoT、AIといった成長分野で、東京に人材や企業を呼び込む」との方針、賛同します。東京は地方創生に配慮することなく先端を走り、競争力を高めるべき。
具体的な受け皿としてPop Tech特区のCiP竹芝をお使いください。環境を準備します。羽田、品川、渋谷の再開発にも資源を投下ください。手伝います。
平先生の「高度人材のビザ緩和や世界最速グリーンカード」に同意。
東京を国際金融都市にというスローガンは舛添都政から掲げられてきたが、目立った進展もなし。
上記のような分かりやすい劇的な変化を実現すれば、本気度が世に示されよう。
アイデア勝負的なフィンテックではなく、テクノロジーを背景とした心底フィンテック企業が集積し、東京には特別なサービスを提供する、そんなスマートシティであって欲しい。東京が世界の都市のone of themであって欲しくない。
#福田峰之でした。
東京だけに人と企業を「呼び込む」とますます一局集中するのでは?

東京への交通網は東京のためにますます負荷がかかり、道路は渋滞し、鉄道は混雑する。

その反面、その交通網の一部を支えている「地方」は適当な利益の分配をうけていないとも考えられる。

「東京ファースト」ではない構想と施策を期待したい。東京だけの利益を考えるなら、チーム全体を考えないキャプテンのようで、日本の「首都」とは言えない。
ほんと、東京だけでも現金は原則使えないようにしてほしいよ。
是非東ロンドンから始まったロンドンのテックシティ構想を参考にして頂きたいです!先日の諮問会議でも提言しましたが、イギリスはキャメロン前首相がProject Innovateというプログラムを開始し、岩盤規制を無くすSandbox制度はじめ、コワーキングスペースの提供などFinTech企業を誘致しています。これにより生涯収益も10%弱アップし、製品リリースのスピードも大幅に早まっています。最近だと金融系が多かったCanary warfなんかにもスタートアップが集まってきていたり。