新着Pick
120Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
第四回の連載、お付き合い頂きましてありがとうございました!今回の内容含め、あとはもう『結果』しかない、と思ってます。
結果が出なけりゃ、結果もないのに理念とか言っちゃってるイタイ上場ゴール経営者(笑)と言われてもしかたない訳で、とにかく結果にコミットし続けたいと思います。
日本のファッションEC市場はまだ色んな意味で成長させなければなりません。
EC化率という面では欧米には圧倒的に劣っているし、オムニ戦略の実行という面でもまだ時代遅れだし、最近はとある別の大手ファッションECが平気で独禁法違反行為をしている (別のファッションECに出店したら手数料を上げる) 事を耳にする等、コンプライアンス面でもファッションEC市場は成長する必要があると思ってます。
とにかく結果です!頑張ります。ご期待下さい!
「起業と企業に理念やビジョンは必要か」というテーマは、じっくり議論すると面白いかもしれません。

ビジョン論は、宗教論と似ているようにも感じます。八百万の神で、自然宗教の日本では、一人のリーダー(教組)が大きなビジョンを掲げて、一神教的に、それを皆が信奉するというのは、しっくり来ないのかもしれません。逆に、多くの人たちが共に創り、共有する理念であれば、より自然に浸透するのかもしれません。
どんなに立派な社会性をもつ理念でも、個人のエゴと紐付いていないと、それはカタチになりません。エゴは、カタチにしやすいですが、社会性がなければ、個人の内的なシャドーが噴出するタイミングが訪れ、手痛く崩れていきます。

たた、こういう社会と個人、内面と外面と共振するメカニズムがわかったとしても、ビジネスがうまくいくわけではありません。実は、根底にあるのは、「欲」という、すべての子供が自然にもった生命力です。
僕も理念は重要だと思っている派です。特にオーナーシップを持っていない経営者にとっては組織をドライブさせるコアとしての理念は凄く重要だと思います。

靴の小売はサイズ展開の多さによる在庫負担がネックなのですが、当社の靴のフィッティングサービスを活用して、サイズが合わない靴でもパッと合わせる・サイズが合っている靴はもっと合うようにする、もしくは店頭で足のサイズを測定して、そのデータを靴選びの際に活用できるようにする・・・っていうサービスが出来ないかなぁとたまに妄想しています。
私の参加しているスタンフォードの起業家養成プログラムでも「成功する起業家の特性」を議論します。
面白いなと思ったのは、
・Ability to do both of Persistent & Frexible by switching on/off
・Opportunity Obsession
・Visionaly (Being “Authentic” & Constantly searching for opportunities)
などの重要性が強調されるところ。

一方、Innovative, Opportunistic, Passionate, Idea generators, Good at people management etc は、普通の、必ずしも成功しない起業家の特性である、とバッサリです。

「理念」は必要か? 私個人的には、重要だがマストではない(なくても成功するし、あっても成功しない起業家もいる)と思う一方、記事を読んで、「負けず嫌い」なところがOpportunity Obsessionだなあと思いました
理念は、個人的な欲望と社会的な野望を良い塩梅でブレンドできると良いのかもしれない。
個人的な欲望だけだとエゴになるし、社会的な野望だけだと正義を振りかざして終わりやすい。
「目的が社会的インパクトである以上、起業家同士でつるむよりは、ブランドの方々と話をする、社員と話をする、お客さんの話を聞く、といったことに時間をかけた方が正解だと思います。」という部分は強く共感しました。
わたしにとって、1人のあるママと話した方が、学生のプロジェクトでじっくり対話するほうが、事業を促進させる上で重要な時間なんだよね、なんて思っているので、これまでほぼNPO系の集まりには足を向けないでいました。
理由があって声をかけてくださる場合は、私なんかで貢献できるなら、と思ってお伺いさせていただいています(目立たずやっていたのに声をかけてくださる方々には本当に感謝しております)。
私がみている課題は、「経営」より先に、現場にある複雑な事象現象小さい声を拾うことが先だったこともあったのですが。そして現状からして身の丈に合わないなという感覚もあったので。笑

また、「経営者の孤独は、「ここは自分の会社だ」という意識のある社員が何人いるかによって変わってきます。同じ目線の人間が増えると孤独は無くなってくるのですよ。」というのはなるほどそうだなぁと思ってきた最近です。スタートアップの段階でその同じ目線の人が2,3人いるかいないかは本当に大きな違いなんだなと感じているのがここ1,2年での気づき。

んなこと言ってもいわゆる小さいNPOだけど。笑 まだまだがんばらないと!
潔い、色々あって悟りのようなものを感じるインタビュー