新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

349Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
羨ましいよな。俺も町を再構成してみたい。面白そう。リアル書店を作る意味がわからないって、Amazon Goみてもそれがわからないってどんだけ鈍感やねん。。。
以前、何かの記事で、シリコンバレーの企業と比較した時の日本企業の強さはモノを作る強さであり、その強さを活かせば、まだAIやIoTが普及しようとしている今の時代であれば競争力が保てる可能性があると。

Amazon Goなど新しく出てくる小売の形と、日本のコンビニを比較すると、まさにこの考えが当てはまる、コーヒー、弁当、スイーツ、オリジナルブランドの製品然り、圧倒的にそこに置かれるモノのクオリティは差別化の要素。

AmazonGoに置かれるモノが奇跡的に美味しいということは、今のアメリカのスタバ・セブンイレブン・その他の小売店のモノと比較して、実現性はないと思っています。申し訳ないですが、圧倒的にマズいでしょう。

こうしたことを考えていくと、日本企業がそれぞれどこまで世界で真剣に勝負しようとして、そのこだわりをどこまで世界で展開しようとするか、経営者の海外市場に対するコミットが圧倒的に少ないと思います。世界で戦える差別化の要素、単純な製造業という意味ではない、モノを作る力がまだまだ日本にはあると思うので、日本企業の本気をいろんなところで見たいですね。
日本のセブンイレブンが商品/サービスを質量ともに落とさずそのまま提げてシアトルの街に出たら、「小売業の再定義」と呼ばれるくらいのインパクトはあると思います。
アマゾン、最先端のサービスがどんどん充実してきていますね。確かに、小売業とは何か、大きく意味が変わっているでしょうし、もはや、アマゾンは小売業というよりも、総合ネットサービスとなり、さらに次はどうなっていくのか。従来の言葉や概念では、表現できなくなっている。

もう一つ凄いこととして、アマゾン・ジャパンの海外配送。日本からシンガポールへの海外配送も実質3日間で、わずか一足の靴を届けてくれました。その体験記は下記です。

https://newspicks.com/news/2114017
Amazonのイノベーションを生み出す組織文化について。
①テストマーケティング→投資意思決定のサイクルを高速で実施
②他社や消費者が想像できない、大半が反対するような不確実性が高い実験を行う

日本の国家戦略特区も、その地域で本社機能をもっている企業と組み、Amazon並みの実証実験を行えるとイノベーションを生み出しやすいのだろうと考えています。

下記の言葉は心に留めておきたい。
>顧客と距離が近いところで実験すれば、より早い段階で迅速に学習と革新に取り組める
「いい写真だな」と思ったら、角井の撮影した写真でした。

プロなら気づくと思いますが、調理人の姿が、ガラス越しに見えます。
しかも3人。

AmazonGOは店内調理をしています。
日本のコンビニとは違う業態なので、比べてはいけないのですが、
彼らは店内調理をしていることは事実です。
この「システマティックに実験して学ぶ」という姿勢は、AIという人類の成功した方法論をリアルの世界に持ち込んだものに見える。AIの本当のインパクトはソフトウエアとしてのAIではなく、このような方法論としてのAIではないかと私は考える。
この「とりあえず何か始めてみる」って挑戦ができることこそが重要なんだよね。シアトルだってアメリカにおいては地方都市で、製造業衰退で特にボーイングの経営難などでは一時期は相当に苦戦した都市でもある。

けどそこで諦めたり、支援がどうのこうのではなく、新たな産業を生み出すことがバリバリできる地域にしていって今に至るのが本当に面白い。マイクロソフトも、アマゾンもここから生まれ、スターバックスもここからスタートした。新たな業種業態が作り出されていく流れ、構造を作り出すに至る70年代〜90年代に至るプロセスはもっと日本の地方都市も単に「今のシアトル」をみるよりも改めて見てみることが大切だと思う。
まるで、今あるビジネスモデルを壊す事を、ビジネスモデルにしているようである。
普通の企業は、自らの成功体験から抜け出せない。アマゾンにはそれが無い
前例がないから、自らがモデルケースになるしかないね。
この連載について
アマゾンが実験店舗として運営している無人コンビニエンスストア「Amazon Go」が、小売業界に大きな波紋を広げている。行列待ちも、レジ係のスタッフも、お会計もない。こんな未来図を打ち出したアマゾンに対して、日本のコンビニ大手はどのようなビジョンを描くのか。いまや社会インフラに成長したコンビニの「未来」を占うオリジナル特集。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
61.1 兆円

業績

業績