新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

334Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
DNPがRFID価格を1円/枚にすることを目指すという別記事への示唆に富んだ内容ですね。
特に「スタッフ業務の1/4がレジ対応」という話が本当ならば、RFID導入のメリットは大きいでしょう。
ただ、コンビニを日々利用していて感じるのは、レジ渋滞の原因として、①お年寄りが店員さんと世間話を始めちゃう、②公共料金の支払いで時間がかかってる、③700円以上のお買い上げでクジがひけるキャンペーン、が大きい気がします。
これだけ一杯あるコンビニエンスストアは、2017年も1日あたり全国で10店舗を超えるペースで、増えてゆく見通し(もちろん閉店もあり)。そんな無数のお店のなかでも、大手各社が「高齢化」「無人化」「オリジナル化」などのさまざまな切り口で、新しいチャレンジをしている実験店舗をレポートしました。

アマゾンならぬ、「ファミマGo」「ローソンGo」など、東京都心にもキャッチーな実験店舗がそのうちできる気がしました(名称にGoは使わないと思いますが...)。
発祥の地ではないのに日本で花開いたコンビニ。その発展系にも色々な形があるのですね。無人レジは買い物のスピード感を増す未来型店舗だし(ただし、ICチップの値段が下がることが前提ですね)、逆に店舗ごとの品揃えの工夫は従来のMD主体の経営から個店経営への回帰の側面もある。JAとの組み合わせは地方における店舗モデルとして十分通用する(このモデルは僕も長野県で経験しましたが、決済で使えるカードが異なったりする不便さがまだあるものの、大変楽しい店舗でした)。世界に先駆ける日本のコンビニ。注目していきたい動きです。
あげられてる3つの例は全然方向が違う内容。一つ目のJAの話は、業界を越えたコラボでの新業態の話。ドラッグ、調剤、郵便局、病院、キオスクなどこれまでもいろいろな実験がされていてすごい新しいことでもないが、立地開発が飽和してきてるなかで、低日販でも成立するモデルを模索してる、とも見えます。
二つ目のICタグによる無人化は、本日出ていたDNPがICタグを単価1円を目指すという記事とあわせると、いよいよ真面目に取り組んでいくということと思いますが、すべての商品にタグをつけるというのはかなりの変革が必要そうですね
3つ目は店頭MDの現場改善的な話。限られたスペースでどこまでやるかは正直ピンとは来てませんが、これだけ店が増えるとミクロな競争としては店舗間の差別化が一つのポイントになっているということでしょう
今のコンビニ三国志時代を制するのは、テクノロジーによるイノベーションを実現したところになると思う。
コンビニで高級シャンパン・・・地域性の分析に基づく、これぞマーケティング。
フィンテックのもととなっているXテックならぬ、Xコンビニという組み合わせの発想も面白い。
郊外における移動販売。オイシックスが昨年とくし丸を買収されましたが、今後の展開スピードもコンビニと比較して気になるところです。
この進化の方向性は不動産と流通システムと物流の水平分業の可能性を示しており、各フランチャイズオーナー(不動産所有者)、amazon go(流通システム提供者)、自動運転(物流で遠いところにも移動)などの未来形が垣間見える。
今後どうなっていくのか非常に楽しみですね。
面白い。

店舗の小ささという制限があるからこそ進化しないと勝てない、常に進化を考えているマインドこそがコンビニの強さのように感じます

同じ文脈で、ミスターミニットについても同様の印象を受けます
コンビニが地域や社会の課題に対応して多様に進化している様子がよくわかる記事でした。地方では公民館や移動店舗のニーズがあり、働き手の不足に対してはテクノロジーで対応する。モノ→コトの消費動向に対しては商品構成や陳列で対応する。変化、進化をし続けるコンビニは本当にすごい。それにしても、コンビニで着替えが出来るという発想は驚いた。枠に当てはめてはいけませんね。
この連載について
アマゾンが実験店舗として運営している無人コンビニエンスストア「Amazon Go」が、小売業界に大きな波紋を広げている。行列待ちも、レジ係のスタッフも、お会計もない。こんな未来図を打ち出したアマゾンに対して、日本のコンビニ大手はどのようなビジョンを描くのか。いまや社会インフラに成長したコンビニの「未来」を占うオリジナル特集。
株式会社ファミリーマート (英語: FamilyMart Co., Ltd.、略称:ファミマ)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部などに上場されている大手流通企業、ユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社。 ウィキペディア
時価総額
1.32 兆円

業績