新着Pick
NewsPicks編集部

この記事は有料会員限定の記事となります。

896Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾンは小売事業者ではない。

アマゾンのミッションステートメント「地球上でもっともお客様を大切にする企業であること」にあるように、あくまで顧客利便性を提供することで収益を上げている企業で、それがたまたまe-commerceであったり、来店客にとってストレスのないリアル店舗だったりしているだけだ。

本稿でも、またコメントの多くも人件費の削減による効率化をAmazon GOの価値として挙げているが、それは本質ではない。日本企業の多くは今の事業の枠組みの中で効率性を上げるためにテクノロジーを導入することを考えたのちに、顧客の利便性を図るための調整を行うという「インサイドアウト」の発想に終始しがちだ。

アマゾンの強さは、それとは逆の「アウトサイドイン」にある。まずは顧客利便性が先にあり、それを実現するためにテクノロジーがあり、そして事業モデルがあるのだ。アマゾンの株価がほぼ一貫して、右肩上がりにあるのは、彼らが小売市場の覇者として目されているからではない。彼らはそんな狭いマーケットに閉ざされた企業ではなく、顧客利便性の改善に可能性のある市場であれば、全てが彼らの市場に成り得るからだ。

アマゾンを語る時、それが一番重要な視点と私は考える。
AmazonGOの解説。
ファミマ澤田さん、東急ハンズ長谷川さんも、自分と同じように行ってたんですね!
お二人とも行動派ですからね〜。百聞は一見にしかずです。

有料記事なので、読めない人のことも考えて書くと、
ランチ時間の同時間では、マクドナルドはレジ待ちがあるけど、AmazonGOにはレジ待ちはありません。

また、日本のコンビニとは、コンセプトが違うので、品揃えは違うのは当然です。
ここの記事には、角井の写真は題字だけで使われていて、出なかったですが、
ココのウリには店内調理があります(^^)

最後に、AmazonGOという、このレジの仕組みは、いろんなチェーン店に販売していくでしょうね。
その時に、日本のコンビニ3社で、最初に入れるのは、どこなのか気になります(^^)
2018年に向けて、とにかくシンプルに事業を再構築していくことで、一気に飛躍する新しい事業が創れるタイミングにはいっている。その鍵は、「すべての無駄な動きや時間をなくしてしまう」ことだ。逆にいえば、いま「行列があるところ」「待ち時間があるところ」「領収書をわたされるところ」「なにか記入しなければならないところ」 ーー こうした、いままで当然の作業が、すべて嫌われていく。AmazonやUber のように徹底した合理性を貫きとおす企業が、一気にシェアを伸ばしていくのが、これからの数年間だ。
まさにEC時代に新しい試みで大きな売り上げを作った店舗が多くあるようにAmazonGOをうまく活用してコンビニチェーンを作り上げる会社が出てくる可能性は高いと思われる。
アメリカの流通は店員が怠慢でレジ待ちが長いので、自動決済で待ち時間が少なくなるだけメリットが大きいですね。後ろに長い列が出来ていても客と喋っていたり、商品の値段がわからなくてレジ店員が見に行ってしまって放置プレイ(しかも走るとかありえない!)がしばしば発生します。

日本は店員のスピードが早いので逆に有人のほうが便利、という時代がアメリカより長く続いて新しい技術が取り入れづらいかもしれません。
この記事を読むと、やはりAmazonという流通小売業の巨人は、普通の小売業とは全く違うということを痛感する。
付加価値の高い商品を提供して利益を上げる「物販」業ではなく、あくまでお客様の購買プロセスの革新を行う会社なのだ。
だから利益の追求方法が違う。 B to C企業の顔をしたB to B企業と言える。
この記事にあるAmazon GOの仕組みを販売するという発想が実現したら、彼等はオフライン、リアル店舗での買物行動まで可視化することができる。
彼等の競争相手はもはや小売業界にはいない。
彼等はまさにお客様の購買プロセスを可視化するIT企業だという認識で向き合う必要があるのだろう。
Amazon goについて、年始にコメントした通り、既存チェーンへのシステム外販可能性を中心に論じており、ようやくまともな分析が出てきたな、という感想
https://newspicks.com/news/2005828
以前のコメントで書いた通り、大手既存事業者は決済などの金融事業も重要視してるので、ここを捨てられるかが一つのポイントな気がします
記事にある通り、そもそもいくらくらいの設備投資になるのか(そもそも既存の狭小店に改装で導入可能なフォーマットになるのか)ということと、現実的にはお年寄りも含めてすべての人に2次元バーコードを表示させるのは無理で、プラスチックカードを併用したとしても客の間口を狭めてしまうことを恐れそうです
百聞は一見にしかず。角井さんの現地視察がありがたいです。
この前ハンズ長谷川はんからお話し聞きましたが凄い店舗ですわ。

あっ、長谷川はんの話し聞きたいひとはJAWS Daysやで〜〜
http://jawsdays2017.jaws-ug.jp/session/1861/
ここまでやりますか。ここまでデータが揃ってしまうと既存のコンビニ業界のAWSへの投資もまた増えそうです。
"画像データ、距離データ、重量データ。そういった複数のセンサーデータをコンピュータ側が分析し、人の手がなくても店が稼働するようになっている。"
この連載について
アマゾンが実験店舗として運営している無人コンビニエンスストア「Amazon Go」が、小売業界に大きな波紋を広げている。行列待ちも、レジ係のスタッフも、お会計もない。こんな未来図を打ち出したアマゾンに対して、日本のコンビニ大手はどのようなビジョンを描くのか。いまや社会インフラに成長したコンビニの「未来」を占うオリジナル特集。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム、ナスダック: AMZN)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。インターネット上の商取引の分野で初めて成功した企業の1つである。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
53.2 兆円

業績