新着Pick
275Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
ここでアイアンマンレース開催したいんだよなー
しまなみ海道の発想は、従来にはない地域創生PJT。マーケティング事例として参考になる。

1.サイクリングという国際的スポーツに着目して、海外からの集客を得ていること→日本のスキー場の取り組みに近い

2.少し手を伸ばせば体験出来るサイクリングは、消費者も体験価値が想像しやすく、国内からも行きたい、体験したいと言う人が出やすいし、無理でもドライブしてみたいという気になること

3.海道というハードウエア作りで終わりがちなインフラ作りにしっかりと「美しい景色」、「ここでしか味わえない体験」がセットされていること

どんな世界にも良く見てみれば、ネタはバラバラと転がっている。如何に組み合わせて、お客様に「それが私の欲しかったもの、こと」と「自分事」化してもらえるかが重要ですね。

この取り組みを進めていらっしゃる行政、民間企業の皆さんのマーケティング力、素晴らしいです。

次は四国のブランディングにまで発展させていただきたいですね。
毎回指摘していることですが、本四架橋の建設費はプール制にぶち込まれてしまいました。
もちろん地域振興は大切なのですが、誰が立派な橋のコストを面倒見ているのか、ほかならぬ自動車ユーザーであることは覚えておいてもらいたいものです。
本四架橋を三本も作らせたのは完全に地元のエゴです。地元負担が前提だったのに通行料金が計画未達となったら、もう払えない、プール制にしてくれとケツをまくりました。こんなやり方が通用するのでしょうか。
>サイクリストの荷物は多い。もしも松山空港から今治までバスで直接いければ・・と思った。

そうなんですよね、輪行すると荷物が多いので本当に疲れます。一番楽なのは今治で一泊し、その宿泊先に西濃運輸さん等がやっている自転車の配達を使って自転車を送ってもらうことかなぁ。

とりあえず、良い噂はたくさん聞くので一度走ってみたい。
わざわざ時間を使って自転車で海を渡り、海沿いを心地よい潮風を感じながら走る。そこに価値がある。

日本はもっとそこにしかないを追求し、国内での振れ幅を創っていくべきだと思います。一つの国の中にどれだけ多くのそこにしかないを創れるか。

個人的にはどこに行っても同じような土産物屋はもうお腹いっぱいです。
記事では今治側から書かれているので、アクセスとレンタルの質が課題とされていますが、尾道側はかなり整備されてきていると思います。

その象徴が「U2」。尾道駅から徒歩5分の倉庫をリノベーションした施設で、自転車のままチェックインできるホテルやカフェレストラン、GIANTのレンタサイクルショップなどが併設されています。

まだ、しまなみ海道を走ったことがないので、一度やってみたいです。

参考:
Cycle, Travel and Good things|ONOMICHI U2
https://www.onomichi-u2.com
この原稿、執筆しました。自分もにわかサイクリストですがしまなみの景色にはやはり圧倒され、しかも、分かりやすく、最強のコンテンツだと思います。いま日本全国でインバウンドを含めたサイクルツーリズムと地域振興、住民の健康、エコなどを組み合わせた取り組みがスタートしています。どこが勝者になるか見ものです。先頭はしまなみが走っていますが、琵琶湖、東北、沖縄なども頑張っているようです。
やることは2つ
・一連のエコシステムを外部者を巻き込んで構築
・顧客を引き寄せるPR

サイクリストを考慮した一連のエコシステム構築
・しまなみ海道に行こうと思って→宿予約して→自転車持ち込める手段があって→手段予約して→サイクルして→休憩して→途中観光して→自転車おける宿があって

構築のために、どうやって、誰を巻き込むか
しまなみ海道、最高ですよね。

かなり人気でなかなか予約とれないみたいですが、「Onomichi U2」はかなりおすすめです

https://www.onomichi-u2.com/
今日16日放送の「昼めし旅」でしまなみ海道の自転車旅でごはん調査やります。
ビューと青い空と海の間を走るのは本当に気持ち良さそう。
尾道と合わせてプライベートでも行きたいものです。
自転車も気軽にレンタル&乗り捨てでき、走る所には青い線があり、写真にあるような本格的な?人でなくても、誰でも気軽に利用できる仕組みでした。