新着Pick
551Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
自分でポジティブに持っていしあ
人気 Picker
1. 小さなことに感謝する
2. 体を動かす
3. 人のためにお金を使う
4. 「適切な」人と付き合う
5. 常に前向きでいる
6. 十分な睡眠を取る
7. 「深い」会話をする
8. 人を助ける
9. 幸せになる努力をする
10. 成長を志向する
とのこと。正しい気がします。
「ハーバード大学の研究で明らかになっているとおり、同僚たちを助けることができる従業員は仕事に対する集中力が10倍高く、昇進できる可能性が40%高い」。そうなんだけど、これは単なる共変関係。有り体にいって疑似相関。「そうか、集中力と昇進確率を高めるために人でも助けるか...」というバカが出てくる。この辺が行動科学のぶち壊し感があるところ。
良記事です。人は自分の幸せに責任を持つと、自分で自分を大切にするようになります。そうなると快楽を手放し充実感を選ぶようになります。人が充実するのは対人調和と自己実現の2つなので、記事のような各論が残ります。そして自己実現と対人調和は自己肯定感を高めるため幸福度を高めます。つまり愛と夢に生きると人は幸せになります。

<追記>ちなみに2.5.6.9.10は自己実現で1.3.4.7.8は対人調和ですね。
【「適切な」人と付き合う】
幸福感は、人を介して広がる。幸せな人たちに囲まれていることは、自分に自信を持たせ、創造性を刺激してくれる。それに、ただただ楽しいと思えることだ。一方、ネガティブな人と一緒にいれば、これらとは逆の影響を受けることになる。


これこそ大切な気がする。ネガティブな人、自分に危害を加える人などとは戦略的に距離を取り、自分が求める人生を実現するための人間関係、ネットワークを作ること。

ポジティブで成長志向な人から学び気づきを得て、またお互いに助け合い、益々幸せになれるはず。

Life is beautiful!

STAY GOLD!!
小さなことだけど、必ず心掛けるようにしてます。継続は力なりで、積み重ねると良いことがあると思います。
自分がどうしたいか、どうなりたいか、という考え方をついついしがちですがもっと周りに目を向けて足るを知る感じで生きていく感じですかね。なかなか簡単じゃないですががんばろっと。
「幸せ」はどこか遠くにある、追い求めるものじゃない。いつでも自分の周りに溢れている幸せに、気がつけるかどうか。今日、母校の校長から頂いたメッセージです。覚えておきたい。
これは因果関係があるのではなくて、相関関係があると言うことを忘れずに。
先ずは、幸福になろうとする習慣を実践する事は大事ですね。