新着Pick
153Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
『衣料』の方ではAmazon含め全く戦えない価格帯。この中途半端な価格帯で、そもそも『ファッション』としてCchannelのオリジナル商品を欲しい人がいるのか。が鍵。
記事にブランド名が出てこないという…。
EC専用のブランドを立ち上げる理由が分からないし、ワンピース5,900円〜という価格帯も中途半端。というか、この春シーズンは20代女子の間でワンピースは流行ってない気がする。
売れるんかいな。。
これは期待したい。
ネットメディアの通販ビジネスへの進出の成功例になってほしい。
この手のメディア軸の商品展開・販売はほとんどが失敗している中で、過去の屍を活かせるかが肝になるでしょう。
他のコメントと同様、価格が中途半端で、10〜20代には「高めのプライス」になっていますし、低価格に関しては、オンワード樫山が得意な領域ではないはずです。
その辺どう切り抜けるか、ウォッチさせていただきます。
20代以下の新たな顧客層を獲得するために、とあるので、価格帯としては無難でしょう。
だいたいロペピクニックもそのあたりの価格帯。
ただらロペピクニックは、もうすこし若者向けのキャピキャピ感があるが、こちらはシック目(映像を見る限り)
10代の時はとにかく流行りに乗り遅れたく無いとか、色々欲しいと、チャレンジな年代なので、もっと遊びが無いとダメな気がします。
後は、雑貨小物を充実させて、雑貨で実を取る戦略も必要かもしれませんね。
デパートの依存度が高かったオンワードは、新戦略としてネットが課題。簡単じゃないだろうが、やらざるを得ない。パートナーシップは一つの回答でしょう。
新手のアフィリエイトですかね。オンワードからすると、広告よりアフィリエイトでリスクを避けたいのかもしれません。
株式会社オンワードホールディングスは、東京都中央区に本社を置くアパレル会社の持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
941 億円

業績