沖縄は本当に「貧しい」のか(中編)「基地経済という罠」

2017/3/11
基地は沖縄の貧しさの元なのだろうか。
そんな「常識」を覆すような光景を、沖縄を縦横に貫く国道58号「ルート58」を走っていると、目撃することになる。
沖縄では、那覇から北上するにしたがって、基地が増えていく。ピークは中部地区だ。国道沿いのあちこちに「軍用地売ります」「軍用地投資」といった看板が目に入る。
正直、最初はいったいなんだろうと戸惑った。軍用地とは、基地の土地のことで「投資」という感覚と結びつかない。聞いてみると、軍用地は沖縄では投資対象であり、米軍に借りられているまま、転売や分売されているのだという。
最近のニュースなので覚えている方も多いだろうが、元SPEEDで、参議院議員に当選した今井絵里子さんの資産が自民党議員のなかでかなり高いランクにあることが話題になった。そこで分かったのは、タレント時代に貯めた資金を投資している先が、軍用地だということだった。
投資先としての「軍用地」