新着Pick
29Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均株価、TOPIXともに3営業日続伸。東証1部騰落銘柄数は値上がり1,457/値下がり421と買い優勢。業種別では上昇29業種/下落4業種。非鉄金属、証券商品先物、ガラス土石製品が高く、その他製品、パルプ・紙、サービス業が安い。東証1部売買高は22.1億株。東証1部売買代金は2.5兆円と7営業日連続で2兆円超。

為替、ドル円は昨晩のNY時間から朝方にかけて114.04円(0:00)→113.45円(3:40)→114.14円(9:00)と往って来いの相場展開。その後、午前中頃まで円が買い戻され、一時113.80円(10:20)となったが、再度円が売られ、午後にかけては114円付近でもみ合い。15:26現在は円売り優勢、114.13円。

日経平均は19,624.82円、前日比+231.28円。前場寄り直後に日中高値19,668.01円(9:16)。1/5につけたザラ場ベースの年初来高値(19,615.40円)を更新。その後は前場中頃まで上げ幅を縮小、19,580円台まで売られたものの、前場引けにかけて再度盛り返して19,640円台。後場は寄り付きから上げ幅を縮小。後場中頃から大引けにかけて19,580円付近でもみ合う相場展開。安値引け。終値(日中安値)は19,564.80円、前日比+171.26円。終値ベースでは1/4につけた年初来高値(19,594.16円)に届かず。

昨日の米国株の急伸ぶりからすると伸び悩み。日経平均はドル円がレンジ上限の115円をしっかり抜けて来ないと20,000円達成はお預け状態といったところでしょう。肝腎のドル円はテクニカルで見ても14-15日のFOMCに向けた来週、再来週が分水嶺になるかと思います。
チャート的には上ヒゲ/下ヒゲ供に長く極線感で足型は捨て子線(=攻防の分岐サイン)。暦は啓蟄(けいちつ)で上放れ春満開となれば好いのですが。
個人は売越し(ヤレヤレ返済含め利食い感)。
規模別に見てみると、
大型+0.72%
中型+0.81%
小型+0.72%
業種別で目立ったところでは、
非鉄金属+1.96%、証券・商品先物+1.70%、ガラス・土石+1.59%、その他金融+1.46%、保険+1.46%、金属製品+1.32%など30業種が上昇。
その他製品▲0.31%、パルプ・紙▲0.08%、サービス▲0.05%の3業種が下落となりました。