新着Pick
1156Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
基本的に、コンビニ配送を原則とし、自宅配送はプレミアム料金にしたらよい。ミネラルウォーターなどの重量物は、プレミアム料金で自宅まで運んでもらう。ECの軽量物は、仕事帰りや学校帰りにコンビニまで取りに行く。コンビニは販売エリアを現在の半分以下にし、残りは倉庫にする。

ドローンが解禁された後は、スマホのGPSに従って、どこにいようがドローンが追いかけてくる。だから、電車に乗っていて、車窓から必死にドローンが追いかけてくるということでもない限り、再配達という概念がなくなる。散歩していて信号待ちで立ち止まった時に、ドローンが荷物をくれる。

ロジスティクスはこのくらいの改革をしないと。これからデジタルマーケティングが進展し、オムニチャネル化が進めば、更に物量は増え続ける。
いいことだと思います。
日本社会はとかく昼食を軽視する傾向にあります。
(短時間で済ますことを強いたり、昼食時に電話番をさせたり)

休憩時間は「業務から完全に解放しなければならない」というのが労基法の大原則。
昼食くらいゆっくりとれるよう計らうことが、全体の効率アップにもつながると思います。
というわけでAmazonの自社流通待った無しというところですかね
この時間は、アイドル時間だから、決め打ちで配達しない案は、賛成です!
ただ、社員さんはしっかり、この2時間休めるとは、思えないので、ここをどう本社で管理するかがポイントでしょう。
また、午後8-9時も止めるという報道もあるようですが、ここをやめたら、配達できずに持戻っている荷物が溜まります。
逆に8-10時にして、アルバイト(副業)で対応をするのが現実的に負担が減り、顧客満足も上がる妙案だと思います。

あと、UBERに代表されるクラウドソーシングの導入は、働き方改革を進めるんだから、国がリードするくらいのことをして欲しいと思います!

最後に、再配達ゼロの実現も、業界をあげて、進めて欲しいですね。
特に、宅配業界統一ポイント!
いつ届くかが、宅配業者すべてから、連絡が来て、
受け取れる時間を伝え、
一回で受け取れたらポイントが付き、
受け取れなかったら、引くという仕組みです。

これらは、もちろん、他人任せでなく、角井自らも、
積極的に働きかけます!

再配達問題の解決法(ウケトルの主張)>
  http://j.mp/2mGKV6W
サービスにはそれに見合った金を払えってことですよ。日本のサービス業は生産性が低いと言われるが、効率が問題なのではなく、サービス単価が安過ぎるんですよ。Fedexは時間帯指定すると料金取りますからね
再配達は有料にしたらいいと思う。無料でしてもらうには会員制など取り入れ皆で負担してみては?
正午から午後2時の時間帯指定の配達というのは一番再配率が高いのだろうか。ドライバーの休憩時間が確実に取れるというのは大切だと思う。
コンビニでpick upする人にナナコやポンタを進呈したら再配達、減りませんかね。どうせ帰りにコンビニ寄るでしょ。
昼の配達取りやめって、なんか意味合い変わってないか?要は、「昼の時間帯指定を取りやめます」てことなのでは?

事実上あんま意味ないような気もするけど、現場の人の意見を聞いてみたいな。
直感では、どうせ昼も配り続けないと終わらないような荷物抱えてるんだから、時間指定なしの荷物とかをその時間帯に配ることになるだけのような気がするんだけど。

まぁ、データや現場の意見を聞いた上で意思決定したことなんだから、何かしらの意味があるってことなんだろうが。
夜間の幅を広げて昼間の幅を広げて、、で不在の確率が増加し、結局休日に再配達増加、、、ということは心配しすぎでしょうか?
ヤマトホールディングス株式会社(YAMATO HOLDINGS CO., LTD.)は、宅配便のシェアNo.1である宅急便を展開するヤマト運輸株式会社などを傘下に持つヤマトグループの持株会社。 ウィキペディア
時価総額
9,451 億円

業績