【プロピッカー】3月は「ヘルステック」「人口減少社会」「地方創生」

2017/3/1
2017年3月の「マンスリー・プロピッカー」のテーマは「ヘルステック」「人口減少社会の生き方」「新・地方創生」の3つとなり、合計13人が就任します。本記事ではその概要や、各プロピッカーのプロフィールを紹介します。
ぜひ気になるテーマのプロピッカーをフォローし、Pickとコメントをタイムラインでご覧ください。
※各テーマに詳しいピッカーの皆さまを紹介する「おすすめピッカー」のページはこちら
ヘルステック
(写真:istock.com/Ales_Utovko )
これまでイノベーションが起こりにくいと言われてきた医療・ヘルスケアの世界が、いまテクノロジーによって大きく変わろうとしています。また、医療とビジネスの融合も進みつつあります。このテーマには、武藤真祐氏、遠山仁啓氏、福田升二氏、井上昌洋氏、乗松文夫氏の5人が就任します。
東京大学医学部卒業後、同大学大学院医学系研究科博士課程修了。東大病院、三井記念病院で循環器内科に所属し、宮内庁で侍医を務める。その後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、2010年医療法人社団鉄祐会を設立。
2015年にはシンガポールでTetsuyu Healthcare Holdings Pte. Ltd. を設立する。 厚生労働省情報政策参与、東京医科歯科大学医学部臨床教授。日本医療政策機構理事。著書に『医の力』(PHP研究所)、監修に『在宅医療から石巻の復興に挑んだ731日間』(日経BP社)など。