新着Pick
1240Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
銀行には排除ではなく、取り込みと進化を期待したい
人気 Picker
よくまとまっている。ブロックチェーンの透明性のある取引からくるその高い信頼性、そしてその構造上の理由でトレードオフとしてスループットはでないという特性を理解した上でユースケースを描くことが大事。全ての課題を解決したブロックチェーンはもはやブロックチェーンではないので普通になることを理解しないとならない。
銀行がプライベートベースのブロックチェーン技術を必死に研究している背景が簡単に理解できる記事。
集中・高負荷が分散・低コストに取って代わることがあれば、金食い虫のシステムコストが大幅に削減され、経費率が抜本的に改善できる。
既得権益を享受する既存の金融機関や企業がブロックチェーンを活用出来るか否かは、既に作り上げた中央集権型の仕組みとシステムから、いかに分散型へと移行できるか、に掛かっている。ブロックチェーンによる分散化がもたらすメリットである低コストと高セキュリティという表層的なものに囚われているだけでは、何のしがらみもないディスラプターにしてやられるだけである。

インターネットの出現によって、多くのトラディショナルメディアや小売業界、ホテルやタクシーなどといった事業者がマーケットをディスラプトされてきた。恐らく、ブロックチェーンは同等のインパクトを与えうる。

本稿を読んでもお分かりのとおり、キーワードは、全ての主権がユーザーにもたらされるということであり、そのための技術であるということだ。店舗を持つ旧来型の小売事業者やホテル事業者がAmazonやAirbnbに戦々恐々としているように、ブロックチェーン技術は銀行にとって、そもそもの自らの存在意義を脅かしねない存在である。その流れを断ち切ることは不可能なら、自らに都合の良いように取り込むか、なのだが、恐らくその程度の覚悟では、多くの新規参入者達に荒らされている間に軒を取られる、なんてことにもなりかねない。

そして、本稿の後段で触れられているが、将来のwebがブロックチェーン上で再構築される可能性についても考える必要がある。技術の進歩は既に、意思決定の権限を個人に委ねつつ、その手続きを利便化、省力化する方向にあったことを考えるとその必然性は高い。
金融機関にかかわらず、まずブロックチェーンの特徴をまとめますと。

1.改ざん防止機構による信頼担保コストの削減
2.地理分散ネットワークによる可用性の向上
3.計算コスト減少によるインフラコスト削減
4.それらにまつわるあらゆるコストの削減

となります。

ブロックチェーンは金融機関をディスラプトするという表現をよく見かけます。長期的に見ればそうなのかも知れませんが、私は常にこれは、既存ビジネスが競合をディスラプトするためのツールである、と話しております。
銀行にとって極めて便利なシステムですが、進みすぎると銀行の存在価値がなくなってしまいます。

改ざん不可能なシステムであり、各人や各社の信用度も正しく反映されます。
つまり、資金を借りるのに銀行が審査する必要がなくなるのです。
極論すれば、個人が社債のようなものを発行することが出来たり、クラウドファンディングのような形で融資を受けることも出来ます。

資金を仲介していた銀行が不要になってしまう怖れもあるのです。

そういうシステムの中でどのようなビジネスチャンスを捕まえるかを、銀行業界を始めとする各業界が検討しているのでしょう。
ブロックチェーンの最も分かりやすい応用例が海外送金のコスト削減であり、現在はそれを規制したり課税するのが難しいので、規制当局とタッグを組んで法的枠組みと大手銀によるプライベートブロックチェーンを構築し、事実上大手銀行のブロックチェーン送金しかできなくさせるため、でしょ。
ビットコインの価値が少ないとは、
今の価値であればの話。
逆に信頼性がアクセプトされれば、
まだまだ上がるという事を示している。

大手銀行がやる理由は、大手銀行は
手数料でしか稼げなくなっており、
プロックチェーンをやらなければ、
この手数料ビジネスをビットコインに
奪われるからである。

ブロックチェーンよりも、融資能力の
向上に力を入れてもらいたい。
それが本来の銀行の役割だからである。
巨大なコンピューターセンターを整備してこれまで守ってきた既得権益が脅かされるのですから、当然研究もするし、新規参者を囲い込もうとするでしょう。
こうした記事は、必ずと行って良いほどビットコインのように誰でも参加できるパブリックチェーンと、銀行の中で利用するプライベートチェーンを並列比較して「ビットコインはダメだから銀行は独自のチェーンを研究」という論調で書かれがちですね。

しかし、両者は全くの別物と考えた方がわかり良いかと。ビットコインのチェーンはPoWを利用して不特定多数による分散合意形成と改ざん困難を実現していることが革新的と言われています。プライベートやパーミッションドのチェーンはこれらの特徴の代わりに、システムコストの削減を謳っています。両者は規模も目的も違うので、並列して比較したり論じたりするのはあまり意味は無いかと。
こんなにピックされるとは思っていませんでした。ブロックチェーンの応用は、フィンテックの文脈を離れるとすごく面白いです。