新着Pick

キリンのビールが売れなくなった本当の理由

東洋経済オンライン
「圧倒的な成功体験が邪魔をして、競合対策が遅れてしまった」。キリンビールの布施孝之社長は、かつて8…
291Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
組織の新規型と持続型のバランス取りは本当に難しいことがよくわかる。
人気 Picker
この前とあるコンサルタントの方にお聞きしましたが、このビール競争の中でサッポロがうまく戦えているのはひとえに営業だとおっしゃっていました。
グラスあげたり無理を多少なら聞いたり。
toBの部分の営業サポートが他社と一線を画しているそうです。

斎藤陽さんに同意します。
そういうところでしょう。
私も目隠ししてビールの見分けとかできないからたぶん味の問題じゃない。
ビールなんて、単純に美味しければ売れる。売れないのは不味いからだと思います。それで、売れない中でどうやって儲けるかはまた別の話だとは思いますけど……。
ニセモノでしかない発泡酒とか第三のビール、それにノンアルコール系から手を引けばいい。単価上げてもいいから、美味いお酒をキチンと作ればいいんだよ。
歴史は繰り返すというか。。。昔のドライ戦争を思い出しました。アサヒがスーパードライを出したあとのキリンの凋落。イノベーションのジレンマというか企業文化というか。
ハートランドは美味しいですけどね。
そもそも日本のビールは喉越し重視すぎて自分には少し物足りません。
ヨーロッパから帰国後ほとんどビールを飲まなくなってしまいました。
サッポロは別格として、キリンも個別の商品開発では頑張っています。ただしコンビニ限定の使い捨て瓶入りタイプばかりですが。
一番搾りの都道府県別のとかはイマイチ。むしろ毎年楽しみなのは晩秋に出る「とれたてホップ生」。あれはヱビスのロブションに迫るものが。
キリンホールディングス株式会社(英語: Kirin Holdings Company, Limited)は、飲料事業会社の麒麟麦酒株式会社を中核とする、キリングループの持株会社(ホールディングカンパニー)である。三菱グループの一員であり、三菱金曜会・三菱広報委員会の会員企業である。東京証券取引所第一部上場。日経平均株価採用銘柄。 ウィキペディア
時価総額
1.82 兆円

業績