新着Pick
773Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前、リーガルハイという無敗の弁護士古御門研介が数々の法廷バトルを繰り広げるドラマで、宮崎駿監督を恐らくモチーフとした回がありました(宇都宮仁平というアニメ映画監督のスタジオの下で酷使されて体調を崩した労働者が監督を訴えるというストーリーで、古御門は宇都宮側の弁護につくという内容)。

そのためか宮崎駿監督の名前が出るといつも下記のセリフのやりとりを思い出し、労使とは何かと考えさせられるのです。

古御門研介
「天才に常識を求めますか?ヘドが出る。ダヴィンチ、ゴッホ、ピカソ、北斎、手塚。彼らの職場に労働基準法があったと思いますか?王様と奴隷で何が悪い。みんな平等、みんな仲良しで天にそびえるピラミッドが作れるわけがない。天才の下で働こうとしたなら、地獄を見る覚悟をするべきだ。そして耐えられなかったのなら黙って去れ。非常識で横暴で自己中心的。しかし人類の宝のような作品を生み出す、それが宇都宮仁平です。以上。」

宇都宮仁平
「私の目から見たら、才能のある奴なんて1人もいない。どいつもこいつもバカばっかりだ!そもそも才能なんてものはな、自分で掘り起こして、作り上げるものなんだよ!俺だって天才なんかじゃない。誰よりも必死に働き、階段を一つ一つ、踏みしめてきただけだ!振り向いたら誰もついてきていない。怠けた連中が、ふもとでこうつぶやく。「あいつは天才だから」。冗談じゃない!ゆとりで育ったのんびり屋どもが、本当に嫌いだ!俺より、時間も、体力も、感性も、ある奴が、なんで俺より怠けるんだ!だったらくれよ。無駄遣いするんだったら俺にくれ。もっともっと作りたいものがあるんだ。俺にくれ!!」

まぁ、今この時代にこんなことを法廷で言っても即ツッコミがくるのでしょうが、純粋にアツイものを感じるのも事実です。

宮崎駿監督、お待ちしておりました^^
これをオオカミ少年とみるか、コンサートのアンコールと同じく、それも含めての「様式美」とみるか。

まぁ、9割の日本人は後者でしょうね(笑)。
歓迎したいです。
ファンです.小学生のとき「ルパン三世」.中学生のとき「ナウシカ」を見て以来,劇場制覇をしています.私が飛行機の研究をしているのも,宮崎アニメの影響が何分の一かあります.よって,専門を超えてコメントしたいことがあります.

スタジオジブリは宮崎駿と高畑勲のためのアニメスタジオでした.東映動画労働組合の書記長だった宮崎駿の意向から,アニメータの待遇改善のため,ジブリではアニメーターの社員化を進めました.だがそれは常にアニメを,しかも利益の出るアニメを作り続ける必要があることを意味していた.スタジオジブリにおいて,宮崎駿は絶対(天才,神様)であり,結局,宮崎駿の後継者を立てることができず,宮崎駿と高畑勲の二人が引退した後で,スタジオはほぼ閉鎖状態でした.ただ,ジブリの優秀なスタッフが日本中に散ったことが,現在の日本アニメの隆盛をもたらしたといえる.例えば,「君の名は。」の作画監督,安藤雅司はスタジオジブリ2期生である.「千と千尋の神隠し」「思い出のマーニー」で作画監督を務めた.

先日のNHKスペシャル以来のニュースで,製作は続いていたんだと安心しました.一度散らばったスタッフがジブリに集まるかどうか? 宮崎駿監督の場合,原画から絵を全て自分で修正するので,今のアニメ制作方式のように,外注はあり得ない.また,年齢の点で完成まで漕ぎつけるかどうか? 楽しみでもあり,心配でもある.

【追記】「もののけ姫」より前の作品のような,単純な胸躍る冒険活劇を観たい!
昨年、川上さんが怒鳴られたことでも話題になったNHKの「終わらない人 宮崎駿」の番組を見ましたが、2年間密着しており、描くのをやめてずっと元気がなかったこと、短編を描き始めて、ぶつくさ言いながらも楽しそうになったこと、今まで徹底的に手書きに拘ってきたのを生まれて初めてデジタルに挑んでいたこと、そんな様子を見たので、まったく自然な流れに感じます。
長編を作るのには数年がかかるそうで、76歳という年は時間との勝負なのかもしれませんが、先日のNHKプロフェッショナルでは、82歳になった倉本 聰氏が元気いっぱいで、新しいチャレンジをしている様子が出ていたのを見ると、こういう人は最後まで生み出し続けるんだろうな、と思った次第です
私は子どもの頃から、母に「長くは生きられないのだから親には優しくしなさい。」と脅されてきた。最近になってそれは「こどもよりは長くは生きられない」という意味だと言うことが分かった。 …あっ全然関係ないっすね。(-_-;)
ナウシカの漫画版(土鬼とトルメキアの複雑で悲劇的なエピソードを含む)の完全映画化、そして珠玉のような漫画作品『シュナの旅』の映画化などを期待したいのですが、さて、どうでしょうか?
短編と長編の間の「中編」か、超長編ならいいかと。

ジブリの作品は好きだったんですが、宮崎駿の"最後"の作品「風立ちぬ」を観て、結局は宮崎駿の前時代的な個人的コケティッシュ趣味満載の壮大スペクタクルマスターベーションを、鈴木プロデューサーの大衆化マーケティングテクニックによって観せられてきたのかも、と言う思いが出てきて、素直に観れなくなってしまいました。

新海誠+川村元気という「成功」も、ある種のエロティシズムを内包し、二重の意味で極めて現代的(セカイ系+素朴恋愛と戦略的拡散マーケティング)ですが、それを観て宮崎駿氏が「これは違う」と思って奮い立たされるのも無理はないですが、私に言わせれば良い意味でジブリが放ってきた価値観が受け入れられる時代は終わったのだろうと思いました。

「この世界の片隅で」はまだ観ていないのでノーコメント。

もちろん、まだ何が出てくるかはわかりません。
敢えて復帰するからには、「おぉ」と言うものを観てみたいです。デジタルに目覚めてフルポリゴンCGとか、攻めたアプローチ期待したいです。
死ぬまで作り続けて欲しい。
これに刺激を受けて高畑勲さんもやると言いだしたら面白いけど破綻。でも破綻してでも「かぐや姫」ばりのトンがったアニメーションを見てみたいです。
そういう意味では企画がNHK番組の通り「けむしのボロ」であるならば、結構実験的な作品になる可能性も高く、理解しづらい内容かもしれない。
むしろ宮崎さんが「かぐや姫」のトンがりに刺激を受けているとすれば、また不思議なものが見れるかもしれないと期待です。
小橋先生の挙げられたリーガルハイのエピソードは、凄くインパクトがあるセリフとして、私も鮮明に覚えています。
あくまでモデルでしょうが、同じような気持ちはあるのでしょうね。

純粋に、面白い映画を期待してます。
新着記事一覧
セルヒオ・ラモス、負傷退場でPSG戦出場は…ジダン「交代せざるを得なかった」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

日本代表か、ドイツ代表か。「どっちにするか。ちょっと楽しみ」。18歳が燃やす謙虚な野心【インタビュー(4)】
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

エルドレッド氏の引退セレモニーにナイン感慨 鈴木「勝手に涙が」松山「カンちゃんのために」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

【MLB】英語スピーチのイチロー氏に“同僚”は敬意「プロとしての在り方を教えてくれた」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

西武、劇的サヨナラで首位奪取でM9、鷹は2位転落M消滅…15日のパ・リーグは?
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

大迫勇也、次節も問題なく出場へ。ウニオン・ベルリン戦では68分で交代
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

巨人ゲレーロ“涙弾”でM5、阪神14年連続V逸、燕田川プロ初勝利…15日のセ・リーグは?
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

【MLB】名物コラムニストが辛辣“追及” 大谷は「ダメージ品」、来季は「予測できない」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

安西幸輝、先輩・中島翔哉との直接対決に感慨「もうちょっとバチバチやりたかった」
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

安西幸輝、移籍後初ゴールは貴重な同点弾も…中島翔哉出場のポルトにAT弾で敗れる
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks