新着Pick
1609Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事で私が最も価値があると思うフレーズは、「お客様が何に困っているのか、何が価値なのか、という問いが最初にあり、そこからデータをどう活用しましょうか、どうマネタイズしましょうかという話をするべきです。」という所。
IoTとは、インターネットを使った顧客の問題解決のツールと考えるべき。20世紀の第二次産業革命は、電気と石油のエネルギーを使いモノで顧客の問題を解決してきた時代。そのモノで解決出来ていない問題を、インターネットで解決するのが21世紀。アマゾン、アップル、エアビー、ウーバーと全てインターネットで20世紀に解決出来なかった問題を解決してくれている。IoTを別個のものと考えるのではなく、インターネットを使ったツールと捉えるべき。データから入ると、ビジネスチャンスが見えなくなる。
うーんうーん。

3年前ならまだ分かりますが、今更IoTとはなにか、みたいな話で、今やブーム疲れ?で失望感も交錯するなか、せめて「されどIoT」のような話であって欲しかったです。

「もう一つの地球」の意味がよくわかりませんでした。IoTでうまれたデータ間のやり取りが、一種の自律的なエコシステムになると言うことなんでしょうか。だとしても、その存在自体に価値があるわけではないので、アナロジーとして私にはしっくり理解できませんでした。需要を生んでいるのは人であって、データではないですからね。

データややり取りが増えるのは分かりますが、「"臨界点"を超える直前」であるならば、臨界点とは何を意味していて、なぜそう言えるのかなども話して頂かないと、よくわからないです。

スポンサー記事って難しいですね。
これでアクセンチュアの評判が落ちないか心配です。
だいぶIoTという概念がバズワードとして浸透してきたので、これからは事例をどれだけ出せるかが重要だと思う。
事例を探して、アクセンチュアさんのページに行ってみましたが、ビザと協力したコネクティッドカーとか面白いですね。
https://www.accenture.com/jp-ja/success-visa-connected-commerce-car
「IoT=データ社会」と定義し、すべてのコトにログが残るようになれば、アクセンチュアが言う「もう一つの地球」の誕生もうなづけます。コンサルファームの中でもIT戦略に強いアクセンチュアが指し示すIoTのその先は「オートノミーエコノミー」。経済そのものも自動化する世界だと言います。まだまだ実感はありませんが、「IoTによってよりディマンドオリエンテッド」なビジネス環境になるという言葉にはとても納得しました。
内容に異論はないのですが、気づいたのは、IoTという概念について、97年にガースナーが「eビジネス」を提唱したときのような、経営者に迫るような打ち出しが必要なのだな、ということです。

特に日本で。IoTへの投資意欲は他国と比べてかなり低いのが現状です。

なかなか難しいですね。
IoTはいささか、バズワード化していて、何が目的なのかという議論がおそそかになっていると思います。あくまでも基点はお客様が何がしたいかであり、そのための手段としてIoTがある。そういったスタンスで取り組むことが大事だと感じています。
顧客の本質的なニーズを捉え、自分達の提供する価値そのものを変えてしまう。モノを売るから、その奥にあるニーズを満たす。まさにIoTの模範事例ですね!

〝ドイツの農機具メーカーCLAASが提供するサービスがあります。CLAASは農機具にセンサーをつけて販売していますが、農家が求めているのは農機具ではなくより良い収穫であると考え、同業他社や肥料、保険など関連企業も巻き込み「365Farmnet」というサービスを立ち上げました。〟
この内容の薄さはあえてなのでしょうかね。
アクセンチュアに教えていただくことは無い。(失敗プロジェクトのケースはよく聞きます)
モノでなくコトへ『ドイツの農機具メーカーCLAAS…農機具にセンサーをつけて販売していますが、農家が求めているのは農機具ではなくより良い収穫であると考え、同業他社や肥料、保険など関連企業も巻き込み「365Farmnet」というサービスを立ち上げ…』
「臨界点」とは技術的特異点とかシンギュラリティとはまた異なる概念のようです。

「もう一つの地球」とは、大小、長短ありとあらゆるスケールのモデルによる連結階層シミュレーションの最終形の様なものでしょうか。

IoTとの関係についてより詳しく聞いてみたいです。
アクセンチュア(Accenture PLC)は、アイルランドに登記上の本拠を置く総合コンサルティング会社。2003年、再保険を営むエクソール完全子会社(PartnerRe)および2年後にBAEシステムズに買収されるソフトウェア会社(Plumtree Software)と提携、三社でいつでもどこでも情報を共有できるようなシステムを共同開発することになった。 ウィキペディア
時価総額
13.0 兆円

業績