新着Pick
352Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
親戚の不祝儀で休むことだってあるでしょう?親が堅苦しく考える必要はありませんよ。

むしろ子どもはどう感じているのか。

子どもの立場でも学校に行きたいという気持ち、旅行で休むのはわがままだと思う気持ち、ズルいと言われるかもしれないという不安、勉強が遅れたら嫌だなという気持ち、家族旅行を楽しみたいという気持ち。そして子どもを楽しませたいという親心を忖度する気持ち。

子どもは子どもなりにそんな葛藤を抱えているんです。

親がきちんと子どもと話し合って納得すればそれでよろしい。親しだいで子どもが自分の頭で考えるよい機会にもなりますよ。
たった十数年で思春期がきて親よりも友達や恋人ってシフトするのですから小学生までは旅行でも何でもしたらよいのではないでしょうか。親にとっても子供にとってもその頃の遊びは一生の思い出だしプライスレスですから。
学校に対する取り組み姿勢次第で、どちらもありだと思います。
なかなか休みを取れる機会が少なかった時、どうしてもチケットが取れなかったときなど、小学生の時に2回、1日休ませたことがあります(うち一回は小4の始業式)。後、高校になってから、ゴールデンウイークに挟まれた平日休ませて、7日間の旅行に行きました。
もちろん、息子と話し合ったうえでです。
だからと言って、好き勝手に学校を休むこともせず、特に問題なさそうである一方、あの時、思い切って知床・網走の流氷やグレートバリアリーフ見に行っておいて良かったと、つくづく思います。子どもが大きくなってからでは一緒に行けないですし、滅多にできない体験をするのは貴重だと思います。
刑務所の仮釈放ではないですから、多少は許してあげて下さい。(笑)
いいも悪いも自由でしょ
憲法上における教育の義務は学校ではなく親にあるのではなかったでしたっけ?
最終的には親の判断で良いのだと思います。
どうでもいい議論だけど、逆にインターは休みが長すぎてその間のプランを作るのが大変。夏休みなんて6月後半〜8月末まで2ヶ月以上あるから大体の家庭はサマープログラムに参加させている。旅行に出かけたら家族で世界一周できる。
行っていいでしょ。その瞬間はもう2度と訪れないのです。
問題なし。ただ子供の意見も尊重したい。子供が大反対な場合は休むべからず。

小さいころの旅行へのワクワク感から学校を休んだことが、将来、柔軟で楽観的な性格を育くむ。

これで少しは有休を取得できる大人とはず。STAY GOLD!