新着Pick
1111Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
教育事業のプロ(ベネッセ)と組み全面監修して頂き、旧来型の座学では無いイケてるネット教育プラットフォーム(Udemy)を採用する事。私自身も協会の金融投資教育委員でもあり相当に考え抜いた上での結論=当社ソリューションです。
まずは当社が投資教育として先駆け、MUFG全体にマネー教育として波及する事が出来たら..と考えてます。第二弾コンテンツは敢えて証券税制を(恐らくどこよりも解り易く確定申告時に即有用)、明日(2/23)ローンチ予定となります。

○当社サイト(kabu.study:PR動画アリ) http://kabu.com/adv/kabustudy/
取材をしていて感じたのは、親や周りの「お金」に対する姿勢はかなり大きく影響するということ。
私自身、経済学部に入っていなければほぼ「投資教育ゼロ」の状態で社会に出ていましたし、偏った視点でしか物事を見られなかったと思います。
とはいえ、もう親のせいにできる年齢でもないので、もっと勉強しなきゃ。
日本人のDNAに刻まれたお金に対するイメージについて、ご興味のある方はぜひご一読ください。
大学の経済学部とかに入っていきなりIS-LM分析とか抽象的な講義を受けて、経済や投資への興味が失せる学生も多いようです。もう少し若い段階で、身近な事例なを用いて経済や投資の教育を進めることも重要かと思います。
汗水垂らして働く事が美徳は一面では良いのですが、この価値観があることで生産性が落ちてるようにも思います。時間かけてやってもかけずにやっても成果が同じならば一緒。

自分の資産に働いてもらう考えは大切。それは投資だけに限らず、スポーツ選手ならば自分の資産(映像、書籍、名前など)に働いてもらう事は大切。

そしてやってみて覚える事も大切。共感しました。
お金の知識は必要だと思います。
今回のプログラムの内容は分かりませんが、お金の知識を得るには、お金そのものにフォーカスをするよりも、ライフプランやキャリアプランの中に、お金の話を関連付けて学ぶことがいいのではと感じています。

こういう生き方をしたい。それを実現したときの状態とか、そこに至るまでのプロセスを考える。どんな能力を身につける必要があるか、どんな環境に身を置くのがよいか、どれ位のお金が必要なのか。

それを受けて、実は、お金を増やすのは労働だけではなく、投資という考え方もある…。
という流れがいいと思います。
学校に行くのも、コンビニでコーヒー買うのも、電車に乗るのも全部投資なのに、突然「マネー投資」になると拒絶反応を示す傾向がある日本。額を決めて、オンラインゲームでも良いから学校教育に取り入れることには大賛成です。
タイトル見て「遂にか」と思いましたが、なるほどこういう事か

お金を働かせる知識までとは言いませんが、株やFXやアフィリエイトが何たるか、どういう構造で金が回ってるのか、生きる上で損しないお金の使い方は、資産運用とは。みたいなのはこのご時世ネットリテラシーの教育並に子供に必要なんじゃないかな
投資初心者向にはすごく良い内容だと思いました。
インベスターZなど漫画もあればオンラインでも学べる。教育環境は整ってるので活用しない手はありませんね

三田さんのサイトに木暮さんのインタビューもありました
https://mitanorifusa.com/articles/investments/45
ロボアドバイザーの良いところは、投資の知識に自信がなくても始められ、売買をお任せ頂けるところです。これまでマネー教育や投資の勉強とは縁遠かったお客様も、まずはロボアドバイザーでお手軽に投資を始めて頂くことで、徐々に経済の動きに関心をお持ち頂ければと思っています。
ぜひご検討ください!
https://theo.blue
日本人はやたらとお金を尊いもの、清いものとして扱いたがる傾向にありますね。
汗水たらして働いてお金をもらうこと自体が美徳となっている用に思います。
実際に成果とは関係なく汗水をたらして働けば働くほど収入に反映されることも大きな影響力を持っているからだとも思います。
ビットコイン等の仮想通貨やクレジットカードなどがなかなか浸透しないのにも「現金」に何か大きな幻想を抱いている人が以上に多いからともいえるでしょう。