新着Pick
534Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
Xで支援して、独立子会社化する、という動きは、既存事業の評価軸に縛られないようにする上で、スマート。
人気 Picker
成層圏に気球を上げること自体は困難はない.先ごろ断念した Titan プロジェクト,太陽光発電の高高度滞空型の固定翼無人機より可能性がある.やはり風が最大の問題か.高度20㎞は一様な偏西風が吹いていると思うが,高度の調節で機体をある地域にとどめることができるだろうか? 偏西風の強い日本は絶対に無理.世界中どこでもというわけではない.
Google Xは気球インターネット計画「Project Loon」の渡航アルゴリズムを刷新。新アルゴリズムは需要が高い地域にインターネット通信を集中させるため気球をクラスター化する(以前の計画では、気球は上空に均等に配置)。気流のパターンや他の要素を生かすために、機械学習を用いてインターネット接続が必要な地域に数週間で気球を配備できるようになるといいます。
みんながムリだろうと思われる事業も、一流のエンジニアと会社のバックアップがあれば、ここまでこぎつけられるといういい例です。地球上のすべての人をネットにつなげたいというGoogleの意気込みが伝わってきます。
今まで、飛行船やドローンなどがニュースで取り上げられました。

こんどは気球ですか…うまくいくといいですね。
「無理目」に挑戦する。こういう仕事、やってみたい。
ある程度上空に行くと流れ読みやすくなりますからねぇ それでも時間平均値で所定位置近傍にいる確率を上げる程度かと それで通信ノードとしては十分かもですねぇ んー面白いなぁ
頓挫してしまったと勘違いしてました。大きく前進とのことで、とても喜ばしいこと。

ポイントはここですかね。
「気流のパターンや他の要素を生かすために、機械学習技術が用いられた。」

別件ですが、いつまでGoogleの親会社Alphabetと表記しないといけないのだろうか。。。
Googleの企業理念は「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにする」というものなのでこの気球プロジェクトはインターネットを地球全体に行き渡せるという、まさにGoogleが検索分野の次に掲げる次の目標と言えるでしょう。
発想としてはありだけど、どちらかというと防災などの単発的な用途に向いてそう。OneWebのほうが恒久的なのではないかと考えています。
80年代後半から90年代初頭、バージングループの創設者リチャードブランソン氏が熱気球で太平洋横断してた事を思い出します。ヴェンチャーは、いつの時代も気球がお好きなんですね。
Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。 ウィキペディア
時価総額
204 兆円

業績