新着Pick
343Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このランキングでいかに慶應のランキングを下げて行くかに、慶應の未来がかかっていると個人的には考えています。

誰かと同じ方向を向く学生、人気だからと人気企業に就職する学生、今だけを見て未来を考えない学生、そういった学生を根絶し、自分の作りたい未来を持ち、自分の軸で良さを評価し、今ではなく未来を基準に評価する学生を増やす事で、慶應をこのランキングから消し去りたい。

早稲田に負けた。そう、個人的には思っています。なんて書くと学生部とかにそろそろ怒られそうですが、気にしない。
慶應が早稲田より強いのはOB・OGとのつながりの強さの違い。

これは早稲田が弱いというより、慶應が異常に強いだけ。
しかし、この繋がりの強さが学生の内定率に密接に関係している。

それは、コネで入社しているというより、先輩と話すことで業界や職種への理解を深める機会が多いから。
一度、先輩の話を聞いているかどうかで、面接時のパフォーマンスは天と地ほど違う。
ぜひ、学生の皆さん、OB・OG訪問を積極的に行ってください。

因みに、早慶の学生とMARCHの学生の差は「熱意」の差、というのも正しいと思います。

私たちは、キャリア大学という大学1、2年生向けのキャリア教育プラットフォームを運営していますが、早期からこういった自分のキャリアを真剣に考える取り組みに参加するのは、東早慶がほとんど(全体の7割くらい)

さらに、イベント当日のドタキャン率も東早慶の学生の方が圧倒的に低いという現実があります。
これからもずっとこういうランキングが出てくるのでしょうが、それが人の世。ともに哀しみたい。
わたし青学出身ですが、MARCHで青学が人気企業就職率トップなのは、見栄っ張りだからだと思いますよ。他校よりオシャレ学生の割合も多いです。わたしはオシャレ興味なくて、でも周りはみんなオシャレで形見の狭い思いをしながらも、影響されて外見に気を遣いはじめるんです。就活も同じで、周りがみんなキラキラした人気企業の内定を持ってると、自分もそうじゃないと恥ずかしく感じちゃう。下らない同調圧力です。
同じように、早稲田よりも慶応のほうが見た目やネームバリューを意識する人が多いのだと思います。(ステレオタイプ的な書き方で申し訳ありません)

要はその程度の話でしかなく、能力とか適正とか、採用試験の本質的な話ではないといいたい。

生意気にもあえて苦言を呈しますが、そもそも人気起業に就職できるのかどうかが鍵になってて、「そこなの???」という疑問。

「芸能人やモデルと付き合うためには?」くらい、下らないゴシップだと私は思ってます。

最後にもうひとつ、10年前の人気企業ランキングの上位にいたのは、
ランキングに意味があるのかよく分かりません。採用される人は大学名を問わず採用されるし、採用されない人は慶応でも採用されないでしょう。

学歴だけで勝負できるほど甘くはないし、じゃあどうやって自分をアピールするか、というとトークになるわけですが、その時のネタは留学だろうが、学祭の実行委員長やってたとか、日本一周しましたとか、ブラックバイト経験しましただろうが、その経験をどう工夫して行い、その結果を振り返って、何を学んだかとか、PDCAサイクルを回せているかとか、そういうとこに人事担当者は興味があって、ネタが何か、立派かどうかは、さして関係ないって採用関係者は口を揃えて言いますもんね。
「自社への熱意」と言うけど、学生にとっては三菱商事と三井物産がどれほど違うのか、三メガバンクがどれほど違うのか、わからなくて当たり前じゃないでしょうか?

トヨタとホンダなら車好きの学生であれば好みが別れることもあるでしょう。

同じようなことをやっている総合商社やメガバンク、ライバル社との違いを明確にアピールできない企業側にも責任があるのではないでしょうか?
1987年頃までは実質的に転職市場がなく終身雇用制で、新卒の就職先は重要でした。しかし、転職が当たり前の今、人気企業に就職しても刹那的な安心感があるかも知れませんが、大量採用する大企業は競争が厳しく基本的に途中で会社を出るようになることを忘れてはいけません。社会に出てからがスタートです。頑張ってください。
「人気企業」って、そもそも怪しいですよね。知らないで外見で決めてる学生像が浮かぶ。冨山さんだったかな、書いてましたね。だいたい学生人気企業なんて「親が喜ぶ大企業」が柱で、山一・長銀・JAL・カネボウを見るまでもなく、結構な割合でその後凋落の傾向にあると。
うちの社員は、ざっと計算してみると、早稲田が圧勝で多くて、続けて東大、3位以下はよく分からないくらいバラバラになります。慶応にはなじまない文化なのかもしれません笑。まあ泥臭い子どもとのぶつかりあいを幸せと思わないとやれませんからね。
秀作ですが、あまり意味がある統計だとは思えません。そもそも「人気企業」が自分の人生にやりがいと幸せを与えてくれる企業なのかどうかは、自分の目で見て頭で考えた方がいいですね。
早慶と学校単位で見ることにはあまり意味がないとわかりつつ無責任な感覚論で乗っかると、戦略系コンサルティングの採用をしている立場から見ると、最後の方まで残っている学生は早慶で比べれば何故か慶応さんが多いの肌感です。これが全般的な話なのか、うちの会社の問題なのかよくわかりませんが 笑
この連載について
東大、早大、慶大──ハイエンド就活生──に異変が生じている。 企業での実務インターンや起業、AIやデータ解析の研究などを経験し、高いスキルを持つ学生──名付けて「プロ学生」が登場。彼らは通常の「新卒」には収まらず、高額初任給の提示、最初から幹部候補として採用、はたまた彼ら向けの部署を用意といった厚遇を受ける。学生にも確かな「スキル」「即戦力」を求める時代が到来しつつあるのか。採用チャネルも多様化し、同じ上位校の学生の間でもプロ学生と普通の学生との間で格差が増大する時代。カオスと化したニッポンの就活は、どこに進むのか。その最先端を追う。