新着Pick
703Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
百貨店のファッション服は、相対的に高額になってしまっています。

先般の「エンゲル係数上場」のニュースでもあるように、今は安価で様々なサービスの提供を受けることができます。
その中で従来通りの価格を維持していれば、「高いな〜」と感じるのは当然でしょう。

今は、服も家具も家電等も安いものを買ってどんどん買い換える時代です。
一生ものという発想はあり得ないでしょう。
それって、ファッション離れとは言わないと思います。最近の若者は、ファストファッション等、コスパの高い衣類を頻繁に買い替える傾向が強まっているということを聞いたことがあります。であれば、若者におけるファッションの位置付けは、むしろ高まっているのではないでしょうか。
①はマイボイスコム、②は中小機構による衣料品およびファッションに関する消費者動向調査です。記事に言及のあるファストファッションやECについても調査されています。②では、調査時点での20~34歳の層について、個人年収300万円以上500万円未満の割合が男女ともに2割以上であることが示されています。

https://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/20311/index.html
http://www.smrj.go.jp/keiei/dbps_data/_material_/common/chushou/b_keiei/keieiseni/pdf/37745-07.pdf
百貨店の良いところは、専門性の高い商品のラインナップが広い面積を使って陳列されているところ。
特に傘と靴は商品の数が豊富なのでのぞいちゃいますね。
1フロアーの半分くらいの面積を使って靴が並んでいると、その場で比べられたり自分の好み以外のメーカーやデザインも知れて結構おもしろいものです。店員さんの質も高くて、安心して相談しながら商品を選べます。

百貨店に行かない理由は、百貨店の良い点の使いこなし方が自分なりに持てていないだけじゃないですかね。
違う視点から解説すると、百貨店に出店しているブランドは売上に比例した家賃を払うので、あまり売り場を強化するインセンティブが働かないのです。売上が落ちても家賃が変動費化されているので、張り付けている人員を調整すれば利益が出ます。百貨店としては家賃収入が周辺の相場より低くなることもままあり、それを解決するために丸井などは固定賃料方式に移行しつつあります。
若者のファッション離れ(そもそも怪しいが)
百貨店の売り上げ減
ファストファッションの台頭
Zozoの躍進

これ全部無関係、相関関係無しですよね。どうやったらこういう論理破綻した主張に、タイトルに、サブタイトルになるのか不思議過ぎます。工業新聞の編集はノーチェックなのでしょうか。
百貨店が日本に向き合っていないところが少し影響しているのかもしれない。あくまで印象論ですが、インバウンドに力を入れすぎているような。昔に比べ、百貨店の自主編成売り場が減り、かなり立地のいいディベロッパーになってきているので、これからは、クーポンや、ハウスカードでのキャンペーンを多用していけば、ECやSCと同じような売上をあげられるようになるかもしれない。ただ、百貨店というお高いブランドは無くなってしまう。
これって本当にファッションがわかっている人が書いているのでしょうか?確かにサイトでの買い物やセカンドハンド市場(メルカリ)などの伸びは著しいし、ファッションにお金をかけなくても十分におしゃれができる時代ではあるし、売り場にいかなくても十分買い物ができる。
しかしこれは違うと、ファッションにうとい私でもわかります。
「ファストファッションの強みはシンプルゆえにどの年齢層でも着ることができるという点である。ユニクロでおなじみのファーストリテイリングには、若い人からお年寄りの方まで幅広い客が来店しており、業界で圧倒的な売り上げをみせている。」
若者にとってのファストファッションはシンプルなものというよりもワンシーズン着れれば十分という流行のもの。特に海外のZARA、H&Mなどは尖ったファッションで、そのシーズンのブランドのコレクションの「パクリ?」と思われるものも多い。シンプルで誰にも着れるのがファストファッションって、ミスリードではないだろうか?
私は若者には程遠いけど、コメント欄見て、ヘェ〜デパートって過剰接客なんだ〜と知るくらい、デパートで買い物をした事がないです。

あんなに空気が悪くて、カンに触る劣悪な音響空間には、出来る限り出入りしたくないと思うのは若者だけじゃないでしょう?
昔は百貨店に行けばオシャレなモノが発見できた。今はネットやSNSでいつでもどこでも探す事が出来る。ネット社会が普及する中わざわざ時間をかけてでも、と思わせる付加価値が百貨店には求められているのかもしれません。