新着Pick
139Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
介護離職問題は、日本の経済を揺るがす大問題にきっとなると思う。
であれば、プロの担い手=介護人材の確保や働き方にもっと投資し、政策を変えていかないといけない。
突然、親と仕事とどっちが大事か?という難問にぶつかるわけです。

本人の希望ではないにしても、辞めれるのはまだよい方だったりもします。

お金の不安や、辞めた後に再就職の不安で辞められない時には、さらに苦しい状況に陥ることもあるからです。

記事にあるように、働き方を調整してくれれば、働きながら介護することも、可能かもしれません。
けれども、なかなか調整してくれる職場は少ないのが現状でしょう。

企業側が配慮していく流れが一つ。

個人としては、
いつ訪れるか分からないそんな時に、企業を辞めても何とかなるかも、何とかやっていけるかもという、小さな自信を持てるようにしておくことではないでしょうか。

複数の収入を持っておければいいかもしれませんが、

そこまではいかなくても自分のスキルでいつでも働けるとか稼げるという自信や、

誰かが助けてくれるという人望でもいいでしょう。

そして、何も予想していないで受ける衝撃は大きいので、

普段から親について考えておいたり、話したりしておくことで衝撃は軽くなるはずです。
【介護支援は重要な経営課題】
介護は「10-20年以上続くこともある」「経営層クラスにも父母の介護は起こり得る(=経営層の休職・退職を引き起こすリスク)」ということで、実は出産・育児支援と同等以上に重要な経営課題です。

丸紅さんのように介護支援制度かなり力を入れている会社も増えてきていますが、この問題のシリアスさの割には、社会全体で見てみると支援制度がまだまだ不十分すぎるという印象はあります。
長寿国の日本かも知れないが、
健康寿命の方が大切である。

介護は子供がするものという常識
は無くならないといけないと思う。

もちろんろん自分の選択であればそれは
良い。
しかし、社会のプレッシャーで、自分の
人生を犠牲にする事は良くない。

真剣に、介護人材の為のビザの緩和にも
取り組むべきだと思う。
団塊の世代のリタイアとともに老老介護の問題が、社会問題として浮上します。年老いた子も健康を維持出来ればいいですが、大変な事が此れから沢山起こるでしょう。
高齢化社会という観点で課題先進国の日本としては、介護問題や定年後の再雇用などふくめ、どう活かしていくか。

自社の年齢構成を考えると若い世代の雇用を増やしてというのは、日本全体で見ると若年層の割合的にも難しいわけなので、テクノロジーの活用による生産性向上ふくめ、あるリソースを使って出来ることからやっていかないとですね。
介護問題は日本が真剣に向き合わなければならない重要な問題だと思います。優秀な社員が辞めていかないように企業は仕事の生産性向上や働き方の柔軟性を高める施策に投資すべき。
KLab株式会社(クラブ)は、東京都港区に本店をおく携帯電話向けゲーム事業を中核とする情報通信事業会社。ソーシャルゲームの開発・運営や受託開発などを主業とする。 ウィキペディア
時価総額
325 億円

業績