新着Pick
733Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前から噂されていたニュースですね。

人材サービスを提供している身からコメントさせて頂くと、記事にもありますが、ターゲットは小規模企業だと思います。
日本に関して言うと、小規模企業の中でもベンチャー企業のみだと思います。

日本の大手の企業がすぐに使うイメージはありません。
それは、大手企業は人材業者がカスタマイズしたオンリーユーの提案を沢山持ってきますし、FBのような比較的オープンなSNSを使うことが広報的にハードルが高いからです。
FBページを持つことを社内で承認とるだけでも一苦労です。

ベンチャー以外の日本の小規模企業は、ITリテラシーがそれほど高くないので、普及まで時間がかかると思います。

ですので、日本に上陸した場合は、顧客特性から言って、リクナビ、マイナビなどはそれほど競合しないと思います。一番競合するのは、Wantedlyではないでしょうか。
まさに「膨大なユーザー数」は力だということを、最近のフェイスブックは実践していますね。

無料利用で囲い込んだ膨大なユーザーをテコにして、様々な業種に殴り込みをかけています。
LinkedInを圧倒するユーザーベースを持ち、学位や居住地、職歴も登録する人も多い訳ですから、当然と言えば当然ですね。5年もしないうちに企業の規模を問わず、求人広告媒体の一つとして一般化するでしょう。
おお!サマーインターンのお誘いをFacebookのメッセンジャーでいただいてエントリーしたことがあったなぁ。
元来の広告に、既に始めたコマース、TV(動画)、そして今回の仕事と、大きなヴァーチカルでデジタル完結するものは今後もどんどん経済圏に組み入れていくでしょう。金融、ヘルスケア、教育あたりもあり得るでしょう。

ただしいずれも過度な期待も(競合にとっては)恐怖も不要であり、専門プレイヤーと同等以上のUXを提供できるかと言えば、データの神様であるGoogleのショッピングやその他のヴァーチカル系サービスがイケているか、を見ればわかる通りだと思います。
他のピッカーの方も書かれているように、日本においては、ビジネスソーシャルであるLinkedInが米国ほど使われておらず、Facebookがビジネスにおいても活用されている。それを考えると、採用ツールとしてもLinkedInは十分活用可能だろう。

ただ、実際に誰が使うかと考えると、日本の大企業がFacebookで求人を積極的に行うとは考えにくい。すでに知名度のある大企業は今までの採用手法で十分だろうし、そもそも中途採用はそんなに多くない。また、大企業への転職を考える求職者も、希望する転職先がある場合は、その企業の採用ページを見るだろうし、そうでない人もリクルートやインテリジェンスなどの転職サービスを使うだろう。この事情は米国でも同じなのか、Facebookもこのサービスを小規模事業者をターゲットにすると言っている。

ただ、日本においては、中小企業でも、このFacebookを活用できるところは限られるのではないか。まず、企業側のリテラシーが高くない。Facebookページをすでに持っているところはどれくらいあるのか。そうなると、IT系のスタートアップなど限られた分野からスタートすることになるのではないか。他のピッカーも書かれていたが、Wantedlyと企業ユーザーを奪い合うように思う。

一方の求職者側の状況はどうだろうか。Wantedlyを使っているようなユーザーは使うだろうが、今までの自分の投稿を見直す必要があるかもしれない。Wantedlyを使うような企業やユーザーならば気にしないかもしれないが。

今でも、Facebookメッセンジャーで、企業からスカウトされたという話も聞く。そう考えると、日本でも十分使われる素地はあると思う。
Facebookできること多すぎて、インフラ的にはいいけど、
ごちゃごちゃして嫌になるw
これ、使う人多いでしょうね。

LinkedIn経由が一番多いですが、今でもすでにfacebook messenger経由でCV(履歴書)とPortfolio(仕事集)を送ってくる人はいます。国籍はインド人、アメリカ人が多いです。受け取る私は
”あんたら、ホントにこんなにカジュアルでいいんかい!”
と秘かに突っ込んでおりました。私は古い人間ということですね(苦笑)
indeedのリクルート買収も驚きましたが、求人産業は、需要があるのですね。僕も年に何回かLinkedin経由で外資系のオファーも頂き、チャレンジしますが、音楽に於いてはオーバスキルと言われ、ITリテラシーはそこそこ、肝心の英会話能力で次点と云う評価がここのところ多いので相変わらずフリーで地道にやっております。日本も海外並みに、ワールドワイドなテリトリーでドンドン人材の流動が起こるといいですね。
フェースブックのような巨大SNSにこうしたサービスをやられると既存のサービスなど吹っ飛んでしまうインパクトがある。彼らが追いつけない独自のサービスを展開するか、さっさと売却するか、どちらがなんだろうが大変な時代になったものだ。
Facebook(フェイスブック、FB)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州メンローパークに本社を置くFacebook, Inc.が運営する世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である。Facebookという名前は、アメリカ合衆国の一部の大学が学生間の交流を促すために入学した年に提供している本の通称である「Face book」に由来している。 ウィキペディア
時価総額
59.0 兆円

業績