新着Pick
308Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
それはいいのですが、教員の質が問われる。小中学校の教師で英語をきちんと読み書き話すことができるのはどのくらいなのでしょう。教員採用試験自体を大きく変化させなければ、実態が追い付かないのではないか。

このニュースに対し、「教師が大変になる」とかいう反応が一部に見られたが、それは本質的な問題ではなく、むしろ上記こそが問題です。
いよいよグローバル人材の育成が本格的に始まったと言うことだと思います。

今までの英語教育は英語嫌いを量産している状態でした。
これからは英語の4技能をバランスよく学習し外国人とコミュニケーションがとれるようになって欲しいと思います。

日本にいると少子化や高齢化などで暗い話題が多いですが、海外にでると日本はまだまだ尊敬される素晴らしい国です。

一人でも多くの日本人が世界に出て活躍して欲しいと思っています。
英語を勉強した子ども達が大人になる頃には、自動翻訳機が進化していて、英語の勉強が不要になっているかも知れません。
英語より、国語をしっかり教えて、物を考える力をつける事が重要だと思いますが・・・
誰が教えるんだ。。もう動画でやるしかないと思う
先日、京都府でTOEICの基準点を合格した教師は2割とのニュースもありました。無理に既存人員でまかなうでなく、外部の活用も積極的に進んでくれればと思います。
「聞く・話す」に関しては先生をオンラインで繋いで1万人ほどフィリピンやニュージーランド等から入ってもらう方がいいのではないでしょうか。その経営自体をセブやハワイあたりで日本人が大規模にやったらいい。
北欧の人々は英語なんて勉強しませんが、その環境で大半がペラペラになります。そしてグローバルに活躍しています。私はTOEICは900点以上ありますが、仕事で出会った北欧の人々の中に私より英語ができない人を見たことがありません。私は一時かなりのことを捨てて英語に取り組みました。北欧の仕事仲間の間では圧倒的に一番ヘタです。英語力は一生をかけても絶対に追いつきません。
英語は熱心な人は1歳ぐらいから教材を与えていたりする…小5で初めて学ぶ子との格差が大きくて、自信を無くしてしまいそう。
良いと思います。現場の先生のためにも、授業の質のためにも、先生はぜひ外注でやってほしいところです
画一的にならず、まずは子供達の興味のある分野に大人が関心を持つことの方が重要ではないかと思います。

全ての分野に関して英語で精通していなくても、一つの分野で表現できればそれだけである程度はやり取りができるようになり、それが自信につながって自ら学ぼうという意志に繋がると思うので、上から何かを要求するのではなく、自ら選択できるような環境に変えていくことがまずは必要だと思います。