新着Pick
125Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
人間はそのうちサーキットの中でしか車の運転ができなくなるはずだ
「人馬一体」ならぬ「人車一体」を実現する自動運転システムが良いですね.完全自動運転も必要です.しかし,クルマ好きにはクルマを運転する楽しみを残して欲しいです.
例えば,ドライバーの運転の個性,技量を判定し,自動制御システムで運転をさりげなくサポートする.運転がふらつく癖があるならば,それを抑制するように制御する.あるいは速度超過の癖があるならば,速度に応じてアクセルの効きを抑制する.「普段と違って今日は運転が荒いな」と判定されれば自動アシストの機能が強まるとか,居眠りを検知して安全を保つとかでしょうか.
完全自動運転車との共存方法,免許制度など,考えなければいけないこともありますが.

【追記】 堀江さんのコメントは的を射ていて,人が運転して良いエリアと駄目なエリアを分ける可能性がある.
前にも別のニュースの時書いた気がするのだけど

車の運転、はたぶん「必要なスキル」じゃなくて趣味というか、嗜好になると思う。

かつての乗馬と一緒。
移動手段としての必要スキルで馬乗る人ほとんどいないだろうけど、乗馬が趣味の人いるし、乗馬体験がコンテンツになる。
でもいま都内の道で馬に乗って速足で移動するやついたら多分通報されるし、警官も呼び止める気がする。
乗れること自体が、なんかかっこいい滅多にいない人って雰囲気もある。

クルマ好きと自動運転と、社会の関係性って↑これに近い変革じゃないかな。
以前所属していた会社は、正しく『人馬一体』を掲げ「自分で行く道は、自分で決めた方が面白い」としていましたね。
関係者とは言え、サプライヤーと完成車メーカーでは視点や考えが顕著に異なります。
完成車メーカーも、各メーカー"目指す走り"というフィロソフィは様々。
何とも言えないアンケートですね。ふーんって感じ。
自動車関係者と一般ユーザーの間にも顕著に違いがある訳でもないし。多分、この二組じゃなくて、都市部と郊外に住んでる人で比べた方が良い調査になるんだと思います。

新しい技術に懐疑的なのはみんな一緒。
こういう調査して「やっぱりみんな欲しいって思ってないじゃん!」ってなると、自動車社会の本質的な問題とかが見えづらくなる。
本当のクルマ好きなら自動だろうが手動だろうが愛せよ
運転好きなら嫌でしょうが
使い分けたい!急いでる時に駐車して欲しいし、飲んだら連れて帰って欲しい。ちょっとした駐車の時は一周回って戻ってきて欲しい。困るのは運転する自由を奪われること。
もうすぐに、他人の運転より自動運転の方が安全と思えるようになるでしょう。
画像4枚目に上乗せ価格の限度額が示されています。総数の違いはあるものの、読者(ユーザー)よりも技術者の方が「~10万円」が高く、「~20万円以下」が低くなっています。コストの積み上げとマーケティングによる価格設定の差が表れているようですね。
自動運転を利用したい人は車好きではない人達。運転手を主としたこれまでの車とは違う形になります。自動運転車に求められるのは、目的地到着まで楽しく、安全に過ごしてもらう事。
車の安全に関する所は自動車メーカーには敵わない。室内空間では異業種の参入が増え、頼らざるを得ないと思います。